【図解と実例解説】故意落球のルールと条件を分かりやすく簡単に解説

スポンサーリンク
この記事のまとめ

野球の試合には故意落球というルールがあります。この記事を読むどんな野球素人さんでも故意落球のルールとなぜそのルールが必要なのかその理由がはっきりわかるようになります。完全図解&プロ野球で起きた実例動画も交えて分かりやすく説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

故意落球って何?

誰でも分かるように徹底解説するぞ

「故意落球っていうワードを聞いたけどなんのこと?」という方は多いと思います。

ごくまれにしか起こらないプレーなので分からない方が多いのは当然です。


今回は故意落球のルールを小学生低学年でも分かるように完全図解で説明していきます。

また、プロ野球で実際に起きた故意落球シーンも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

故意落球とは

まずは実際のシーンを見てくれ

了解だよ!

こちらが実際の故意落球シーンです。

見たけど何が起きたか分からないよ

この記事を読み終わればはっきり分かるようになるさ

故意落球がダメな理由

故意落球はこのように定義されています。

0アウトまたは1アウトで走者一塁、一・二塁・一・三塁または一・二・三塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合、ボールデッドとなって、ランナーの進塁は認められない

引用:公認野球規則

故意落球は内野手本当はキャッチできるフライやライナーの打球に一度触れておきながら、キャッチと認められないようにすぐにわざとボールを地面に落としてダブルプレーをとろうとするのを防ぐためにあるルールです。


審判がわざとボールを落としたと判断したときにボールデッドのジェスチャーをして故意落球の宣告をします。

(※ボールデッドとは試合が一時中断されてその間に行われたプレーが無効になること)


審判が故意落球を宣告するとその打球を打ったバッターはアウトになり、塁上にいたランナーは元の位置に戻されます。

ポイント
  • 故意落球は不当なダブルプレーを防ぐためのルール
  • 宣告するのは審判
  • 内野手がわざと落としたときに起きる
  • 故意落球になるとバッターはアウト

故意落球の英語表現

故意落球は英語だと intentional dropといいます。

故意落球が起こる場面

故意落球はどんな場面で起こるの?

故意落球が起こる①ランナー②アウトカウントの2つの条件を覚えましょう。

ランナー

少なくとも1塁にランナーがいる

アウトカウント

ノーアウトか1アウト

まとめるとこんな感じだ

故意落球の対象になる場面の一つが0アウト1塁です。
故意落球の対象になる場面の二つ目が1アウト1塁です。

このようにノーアウトもしくは1アウトかつ少なくとも1塁ランナーがいるのが前提条件です。


1塁ランナーがいれば、それ以外の塁にもランナーがいても故意落球が起こりえます。

故意落球の対象になるのは0アウトもしくは1アウトで少なくとも1塁ランナーがいることです。そのため、ランナー1・2塁も故意落球の対象場面になります。
1・2塁
故意落球の対象になるのは0アウトもしくは1アウトで少なくとも1塁ランナーがいることです。そのため、ランナー1・3塁も故意落球の対象場面になります。
1・3塁
故意落球の対象になるのは0アウトもしくは1アウトで少なくとも1塁ランナーがいることです。そのため、満塁も故意落球の対象場面になります。
満塁

このようにランナー1・2塁1・3塁、また満塁でも故意落球が起こる可能性があります。

スポンサーリンク

1塁ランナーが条件になる理由

なんで1塁ランナーが前提条件なの?

少なくとも1塁ランナーがいるのが条件になる理由を解説します。

故意落球がダメな理由を解説します。1アウト1塁でバッターがショートの正面にライナーを打ったとします。このとき1塁ランナーは1塁ベースから離れすぎると、ショートがボールをキャッチしてすぐに1塁に投げれば、1塁ベースまで戻ることができずにアウトにされてしまいます。そのため、ランナーは1塁ベース付近まで戻ります。

例えば、1アウト1塁バッターがショート正面にライナーを打ったとします。


このとき1塁ランナーは1塁ベースから離れすぎると、ショートがボールをキャッチしてすぐに1塁に投げれば、1塁ベースまで戻ることができずにアウトにされてしまいます。

そのため、ランナーは1塁ベース付近で打球のゆくえを見ます。