少年野球で「我が子にセンスがない」と悩む保護者必読!野球センスを高めるバネトレとは?

この記事のまとめ

少年野球を見ているとセンスがある子とない子って明らかにプレーの動きが違いますが、みなさんその違いがどこにあるか知っていますか?

今回、野球のセンスがある子とない子の決定的なある違いと野球センスを高めるのに最適なバネトレというトレーニング法を紹介します。


「他の子と同じ練習しているのにうちの子だけ全然うまくならない」

「今後練習を続けていて開花する可能性はあるのか」

「野球センスがある子とうちの子の違いはどこにあるの?」

少年野球の子供を持つ保護者さんの中にはこんな悩みを抱えている方はとても多いと思います。

野球選手のセンスのあるなしは身長や筋力などの体格差ではなく、パフォーマンスアップするための土台となる動きを身につけているかそうでないかの違いになります。

そのため「うちの子には才能がない」とあきらめるのはまだ早く、土台作りをしてしまえば、今は試合で結果が出ていないとしても今後どんどんパフォーマンスを高めることが可能です。

  • 野球でセンスがある子の特徴とセンスがない子との違い
  • 野球センスがあるか見極める方法
  • 少年野球の選手におすすめするバネトレの特徴とメリット

今回の記事を最後までお読みいただくとこのようなことが分かります。

こちらはバネトレの紹介動画です。


記事の後半はバネトレのメリットだけでなく、デメリットについても紹介しています。

どんな子でもできる!野球センスの向上専門
【バネトレ】の公式サイト

この記事の著者

芹田祐(セリタタスク)

理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。

保有資格
理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学)

センスとは?

まず、はじめによくみなさんも聞かれる「センス」の正体について話していきます。

スポーツのセンスって何?

実は、スポーツの「センス」についての明確な定義はありません。

そのため、専門家に聞いたとしても同じ答えは返ってきません。

五感を体性感覚的統合を通じてスポーツを行っている。

引用:共通感覚としてのスポーツー体性感覚的統合、身体、及び社会の関係ー|川崎医療福祉学会誌

ある論文ではスポーツのセンスについてこのように書かれています。


センスは自分の五感から得られたいろいろな情報を体性感覚を通してまとめ、ベストの動きになるように調整する能力だといえます。

いわゆる野球センスがあるといわれる選手はこの能力が高いのでしょう。


体性感覚は

  • 触覚・温度感覚・痛覚の皮膚感覚
  • 筋肉や腱(いわゆるスジ)、関節などの深部感覚

に分けられます。

筋肉や腱にはものすごく高性能なセンサーが搭載されていて、そのセンサーがスムーズに体を動かせるように細かいコントロールをしてくれています。

我々の脳は視覚や体性感覚によって自分の四肢の位置変化や動きを認識できる。特に筋骨格系から脳に運ばれる四肢の動きや位置に関する情報は脳内に表象される身体像の形成に関して極めて重要な働きをする。

引用:身体運動像の獲得に体性感覚入力が果たす役割ーニューロイメージング研究からー|バイオメカニズム学会誌

少年野球のセンスがある選手とない選手の違い

さきほどは体性感覚などの難しい言葉で説明しましたが、次は小難しい話ではなく肌感覚的な話をしたいと思います。


ぼくは、毎日少年野球選手のリハビリやトレーニング指導をしています。

何百人もの選手のトレーニング指導をしていると、なんとなく「この子はセンスがいいなあ」と思うことがあります。

その一方で、身のこなしがとても固く、一つずつの所作がぎこちなく見える選手もたくさんいます。

みなさんも選手の動きを見ているとこのように感じることは多々あると思いますが、両者の差とセンスがある選手の特徴はなんだと思いますか?

個人的な意見ですが、センスがある子の特徴は全身のしなりを最大限活用している点だと思います。

そのため、どの場面を見ても動きがしなやかでバネがあり、なんとなくカッコよくみえます。


その一方、動きにバネやしなりがない選手というのはプレーがどことなくぎこちなく、不格好にみえてしまいます。


野球センスはこのしなりやバネ動作を体現できているかどうかで決まると思っています。


体格に恵まれていれば、動きにバネがなくても少年野球くらいまでは活躍できますが、中学生後半から高校生くらいになるとパフォーマンスが伸び悩んで他の子に技術が追い抜かれる傾向があるように感じます。


バッティング・ピッチングなどの野球動作は全身を最大限にひねってパワーをため、その次の瞬間にはそのパワーを解放して爆発的に出力しないといけない極めて高度な動きです。


その特徴的な動きの中で重要になるのが全身をしならせてムチのように回転させる動きです。


しなりの動きをうまくできていると運動連鎖がおこるため、力の発揮効率が上がってピッチングやバッティングでボールに力を伝えやすくなります。

運動連鎖とは投球動作や打撃動作のようなスイング運動において、体幹から上肢へと運動が逐次的に遠位側へ連鎖していく現象であり、ムチ運動などとも呼ばれる。

引用:運動スキル獲得を支援するサイバネティック・トレーニング|バイオメカニズム学会誌

力んでいるわけではないのに速いボールを投げて打球を遠くまで飛ばすことができるようになります。

野球センスがある子の特徴はここにあります。


センスがある子は野球選手に必須の全身をしならせてバネのように使うことに長けているのだと思います。


少年野球でセンスがあると感じる子が、身長が高くて筋肉モリモリってわけではないですよね?

少年野球の年代では体の大きさや筋力はそこまで関係なく、しなりやバネ動作が重要なのです。

野球センスがあるか見極める方法

野球センスがあるかを見極める簡単な方法を2つ紹介します。


ただ、この方法はぼくの主観なので、あくまで参考程度にしてください。

投球フォームからセンスを見極める

まず、投球フォームでしなりができているかをざっくりチェックする方法を紹介します。

これはトップの瞬間ですが、この直後にしなりの動きが出ているのか確認してみてください。

しなりを作れている選手はこのように、体幹の回転につられることなく、腕だけが後ろに取り残されるような形になります。

一方、しなりがない選手は体の回転に腕も一緒について行ってしまうので、リリース直前でしなることなく、肘だけが前に出たフォームになります。


いわゆる野球センスがあるといわれる子の投球フォームではしなりの瞬間が必ずあります。

トレーニングで見極める

次はトレーニングの動きで野球センスを見極める方法を紹介します。


今から紹介するトレーニングの動きを忠実に再現できるかやってみてください。

こちらは下半身から体幹にかけての連動性を見極めることができます。

こちらは骨盤・体幹から腕にかけての連動性を見極めることができます。

できているかどうかの形だけでなく、動きがスムーズで力みがないかも重要なポイントになります。


野球センスがある子はこういった全身を連動させる動きがとても得意です。

ただ、さきほどいったようにこれはあくまで参考程度です。


もしできなかったとしても「野球センスがないんだ」とあきらめる必要はありません。

このようなしなり系の動きを練習してできるようになればいいだけの話です。

センスがない選手は上達しない?

では、センスがない子はいくら練習してもうまくなることはできないのでしょうか?


もし、あなたのお子さんがひたすら素振りやピッチング練習のみを続けているのであれば難しいです。


なぜなら、パフォーマンスアップの土台となるしなりやバネ動作を習得していないのに技術練習を続けてもスキルは積み上がらないからです。


しかし、センスがないからといってあきらめる必要はありません。


しなりやバネ動作といったものは継続的に練習すれば、どんな子でも必ず身につけることができます。


全身のしなりやバネの感覚をつかみさえすれば、その後から技術練習を重ねることでバッティングやピッチングで全身が連動するようになり、飛躍的にパフォーマンスを高めることが可能です。


ただ、「しなりやバネの感覚を身につける」といっても、みなさん具体的にどんな練習をすればいいのかイメージがわかないのではないでしょうか>

そんな方におすすめなのがバネトレです。