【実例動画つき】野球のスクイズとは?よく起こるケース7選を紹介

スポンサーリンク
この記事のまとめ

野球のスクイズとはどんな戦術かご存知でしょうか?この記事ではスクイズとはなんぞやということを分かりやすく解説しています。また、スクイズが起こりやすい試合場面を7つ紹介していますので、スクイズが起こるか予測しながら試合観戦を楽しむことができるようになります。

野球のスクイズは1点を争う場面などで攻撃側が行う戦法です。

緊迫した試合展開でスクイズが成功すると一気にチームは盛り上がります。


でも、スクイズを理解していないと何がおこったか分からず、盛り上がりに乗ることができません。


今回はスクイズとはなんぞや?ということを完全図解&プロ野球の実例映像つきで野球未経験者の方でもわかるように説明していきます。

この記事の著者

芹田祐(セリタタスク)

理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。

保有資格
理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学)

スクイズとは?

下の映像がプスクイズが成功した場面です。

これからスクイズとは何か?どんな試合場面でスクイズが使われやすいかについて順番に説明していきます。

語源と英語での読み方

そのまえに、スクイズの語源について簡単に紹介しておきます。


スクイズは英語表記にするとsqueezeになります。

squeezeの日本語での意味は「しぼる」です。


野球の試合では、攻撃側がどうしても1点を取りたいときにスクイズをします。

得点をしぼり出すようにして1点を狙いに行くということでスクイズという名前がつけられています。

スクイズはバントの1種

スクイズはバントの1種です。


バントは打者がバットを思い切り振り回してヒットに打ちにいくのではなく、バットにボールをコツンと当ててゴロを転がしてランナーを進める戦法です。


基本的にバッター自身はアウトになることを引き換えにランナーを次の塁に進めることが多いです。

スクイズの特徴

スクイズは1点を狙って行うバントです。

こちらの映像のようにランナーを1塁から2塁に進めるようなバントはスクイズではなく、送りバント(犠牲バント)といいます。

ランナーの条件

スクイズでは3塁にランナーがいるのが前提条件になります。

ランナーを3塁→ホームに進めるバント=スクイズ

と覚えておきましょう。

スクイズの流れ

1.ランナーが走る

スクイズの流れを解説しています。まず、ピッチャーが投球を開始して牽制がこないと判断した時点で3塁ランナーはホームに突っ込みます。ランナーはホームに向かって全力で走って盗塁をする感じです。

ピッチャーが投球を開始して牽制がこないと判断した時点3塁ランナーはホームに突っ込みます。

ランナーはホームに向かって全力で走って盗塁をする感じです。

2.バッターがスクイズをする

バッターはバントをしてフェアゾーンにゴロを転がします。

3.ランナーがホームを踏んで1点入る

スクイズの流れを解説しています。ランナーはあらかじめホームに向かって全力で走っています。そのため、内野手がゴロを捕球してホームでアウトにしようとしても間に合いません。こうして攻撃側に1点が入ってスクイズ成功となります。

ランナーはあらかじめホームに向かって全力で走っています。

そのため、内野手がゴロを捕球してホームでアウトにしようとしても間に合いません。


こうして攻撃側に1点が入ってスクイズ成功となります。

スクイズの補足情報

スクイズについてもう少し詳しい説明をします。

ピッチャーが大きく外してくる場合がある

攻撃側が1点どうしてもほしいということは守備側からすると

「絶対に1点とられたくない」

と考えていることが多いです。


そのため

「スクイズしてくるんじゃないか?」


と疑う場合はピッチャーがわざとバントしにくいところにボールを投げる(ウエストボール)ことがあります。

下の映像がその場面です。

このようにバントしにくいボールを投げられたとしても打者はなんとしてでもバットにボールを当ててゴロがファウルにしなければなりません。


また、送りバントではバントの構えを最初からしていることが多いですが、スクイズでは初めからバントの構えをしているとピッチャーにばれてウエストボールを投げられてしまいます。


そのため、スクイズのときは最初は打ちに行く姿勢を見せ、ピッチャーがボールを投げた瞬間にバントの構えに入るのが大事なポイントです。

空振りとフライはご法度

スクイズのときにバッターが必ずゴロがファウルにしないといけない理由は2つあります。

1.空振りした場合

スクイズの注意点を解説しています。スクイズのときにバッターが必ずゴロがファウルにしないといけない理由は2つあります。空振りした場合はスクイズのとき三塁ランナーはホームに向けて突っ込んでいます。そのため、バッターが空振りするとピッチャーの球を受けたキャッチャーにすぐタッチされてアウトになってしまいます。

スクイズのとき三塁ランナーはホームに向けて突っ込んでいます。

そのため、バッターが空振りするとピッチャーの球を受けたキャッチャーにすぐタッチされてアウトになってしまいます。

2.フライの場合

スクイズの注意点を解説しています。バントではバットを振らず、ボールに当てに行きます。そのため、フライが遠くまで飛ぶことはなく、内野フライになります。フライのときにランナーはリタッチといって一度自分がいた塁に戻らないといけません。内野フライでは守備側がキャッチしてすぐに三塁ベースまでボールを投げることができ、三塁ランナーは間に合わずにアウトにされてしまいます。このようにスクイズは1点が入る可能性がある作戦ですが、失敗すればチャンスが一瞬にして水の泡になる戦法なのです。

バントではバットを振らず、ボールに当てに行きます。

そのため、フライが遠くまで飛ぶことはなく、内野フライになります。

フライのときにランナーはリタッチといって一度自分がいた塁に戻らないといけません。

内野フライでは守備側がキャッチしてすぐに三塁ベースまでボールを投げることができ、三塁ランナーは間に合わずにアウトにされてしまいます。

このようにスクイズは1点が入る可能性がある作戦ですが、失敗すればチャンスが一瞬にして水の泡になる戦法なのです。

リタッチのルールが分からないというかたは下の記事で説明しているのでそちらをご覧ください。

【未経験者でも絶対分かる】犠牲フライの意味と打率・打席数など記録のつけ方

バッターはゴロを転がせばOK

スクイズではなく、1塁→2塁などにランナーを進める送りバントではあらかじめランナーが走っていません。


そのため、相手の正面などとりやすい場所にバントをしてしまうとダブルプレーになる危険性があります。

こちらの映像はピッチャー正面にバントをしてしまい、ダブルプレーをとられてしまったシーンです。

送りバントでは以下のことに注意する必要があります。

  • ライン際
  • 相手守備がいないところ
  • ゴロの勢いを弱くする

その一方でスクイズのときは三塁ランナーが投球と同時にホームに向かって走り出しています。

そのため、ピッチャー正面の強いゴロやキャッチャーの目の前でなければ1点入る可能性が高いです。