【2021年確定版】12球団別プロ野球を無料で見る方法とは?

この記事のまとめ

最近ではプロ野球中継を配信する動画サービスがたくさんあってどれを選ばべいいか悩みますよね?この記事では球団別に無料で視聴する方法やおすすめのサービスを厳選して紹介しています。

応援している球団のプロ野球中継を無料で見ることはできないかな?

条件次第では無料で見ることができるよ

ここ数年は地上波でのプロ野球中継がめっきり少なくなってしまいました。そのため、プロ野球中継を毎試合みるためにはDAZNなどの動画配信サービスを利用する必要があります。ただ、この動画配信サービスは全部で数10以上あり、応援している球団によってどれを選ぶべきかが変わってきます。

今回は、プロ野球の全12球団のそれぞれでプロ野球中継を無料で見る方法もしくは1番お得に視聴する方法について紹介します。

この記事で読むと分かること
  • プロ野球中継を無料で見る方法
  • 無料視聴の注意点
  • 応援している球団をお得に見る方法

プロ野球を無料で見る方法と注意点

プロ野球を無料で見る方法と注意点について紹介します。

Youtubeでの無料視聴

無料の動画視聴といえばYouTubeではないでしょうか。しかし、YouTubeでプロ野球中継を見ることにはいくつかの問題点があります。

画質が悪い

YouTubeはテレビとは違って画質が悪いというデメリットがあります。とくに、個人アップロードの動画は低品質の映像が多いです。

全試合を放送しているわけではない

YouTubeで応援しているチームの試合を全て視聴できるわけではありません。そのため、見たいと思ったときに手軽に視聴することができません。

【頻発】放送途中でチャンネル削除される

無断アップロードだと視聴中にチャンネル削除されます。いい場面で突然中継を見られなくなるのはとても大きなストレスです。

【注意】無断アップロードは違法

著作権侵害の問題ほか、閲覧することに伴って利用者側に被害が発生する可能性もあります。例えば、「ウィルスに感染しています」というポップアップが表示され、それをクリックした結果、アプリがダウンロードされ、ウィルスに感染したり、ウィルスの駆除代金を請求されたりするなどの手口が確認されています。

引用:政府公用オンライン

政府公用オンラインにもこのように書かれています。球団公式で試合をアップロードしていればいいのですが、個人が勝手にアップロードしている動画は視聴しない方が賢明です。

パソコンにウイルスが入ったときは本当に震えたよ・・・

動画配信サービスを利用(条件あり)

無料視聴の可能性がある球団
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ

条件はありますが、動画配信サービスを利用すれば、ベイスターズ&パ・リーグ6球団は健全にプロ野球中継を無料視聴することができます。

ただ、その条件をクリアしている人は多くないですし、そもそもセリーグ5球団は現状、無料でプロ野球中継を全試合見ることはできません。

それならとにかくお得に見られる方法を知りたいな

こんな方のためにここからは球団別でお得なプロ野球中継の視聴方法を紹介します。

【結論】プロ野球の球団別のおすすめ視聴方法

先に結論です。

球団方法月額
阪神GAORA1,749
巨人日テレジータス1,419
ヤクルトDAZN1,925
カープJSPORTS1,980
中日DAZN1,925
DeNADAZN
ニコニコ
1,925
無料
東北楽天パリーグSpecial
ベースボールLIVE
466
無料
ホークスパリーグSpecial
ベースボールLIVE
466
無料
ロッテパリーグSpecial
ベースボールLIVE
466
無料
西武パリーグSpecial
ベースボールLIVE
466
無料
オリ楽天TV
ベースボールLIVE
466
無料
日本ハム楽天TV
ベースボールLIVE
466
無料


動画配信サービスはそれぞれコンテンツ内容と価格が全く違うため、おすすめするサービスも変わってきます。

おすすめのプロ野球視聴方法の選定基準


これだけある動画配信サービスの中から以下の3点を選定基準にして紹介していきます。

とにかく安く

みなさんとにかく費用を安く抑えたいと思われるはずです。今回、それぞれのサービス料金を精査したうえでお得なものを紹介します。

ファン球団を確実に見られる

いくら安くても「年間10試合しか放送がない」とかでは意味がありません。安くかつ確実に応援チームの試合を見られるサービスを厳選しています。

あなたにとってベストな方法

料金はほとんど同じだけど、サービス内容が微妙に異なるケースもあります。そのときは内容や条件の違いをわかりやすく解説してあなたにとってベストなサービスを選べるように紹介しています。

【セ・リーグ】プロ野球を無料で見られる安心安全な配信サービス


さきにプロ野球の動画配信サービスの定番であるDAZNとスカパーの特徴を簡単に紹介します。

 DAZN

スカパー
(プロ野球セット)

月額¥1,925円¥4,054円
放送11球団全試合12球団全試合
機器テレビ
スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
スマホ
パソコン
タブレット

DAZNは広島主催試合が見れませんが、それ以外の全試合を視聴することができます。

この2つのサービスを基準にしてそれよりもさらにお得に試合中継を見る方法を見ていきましょう。

阪神タイガースの試合を
視聴できる動画配信サービス

DAZNでタイガース戦を見るとすると、月額¥1,925円かかります。

DAZNではタイガース以外の10球団の試合も視聴できますが、こんなことを思う方もいるはずです。

タイガース戦だけでいいからもっと安くならないかな

そんな方におすすめなのがスカパーです。スカパーはさきほどのプロ野球セットだと¥4,054と動画配信サービスの中では高額です。

しかし。スカパーのプロ野球セットではなく、GAORAとチャンネル契約をするとかなりお得になります。


スカパーでGAORAとチャンネル契約すると月額¥1,749円です。

ここで、DAZNとGAORA(スカパー契約)で生じる毎月費用の差額を計算してみましょう。

¥1,925(DAZN)-¥1,749(GAORA)=¥176円

これを1年に換算すると年間2,112円も安くすることができます。

阪神戦だけを安く見たい
→スカパーでGAORAを契約


スカパーのチャンネル契約はこちら

読売ジャイアンツの試合を
視聴できる動画配信サービス

次はジャイアンツです。

ジャイアンツもスカパーとチャンネル契約することでお得に試合中継を見ることができます。

そのチャンネルは日テレジータスです。


日テレジータスとのチャンネル契約は月額¥1,419円です。

先ほどと同様にDAZNの月額¥1,925と比較すると

¥1,925-¥1,419=¥506円

1ヶ月で500円以上も安くすることができます。

1年間で¥6,072円もお得になります。

巨人戦だけを安く見たい
→スカパーで日テレジータスを契約


スカパーのチャンネル契約はこちら

広島東洋カープの試合を
視聴できる動画配信サービス

カープはプロ野球12球団で唯一、DAZNで試合中継されていません。

カープファンはどうすればいいんだ?

カープ主催ゲームを全試合放送してくれるのがJSPORTSオンデマンドです。ライブ放送はもちろん見逃し配信の視聴も可能です。


JSPORTSは月額¥1,980で視聴できます。

また、JSPORTSは社会人の都市対抗野球や秋季高校野球の地区大会など野球通にはたまならい放送をしています。


さらに、25歳以下の方はU25割で月額¥990と破格の安さです。

カープファンはDAZNが使えないので、カープ戦を安く見る方法としてはJSPORTS一択になります。

カープ戦だけを安く見たい
→JSPORTS一択

J SPORTSを登録する

J SPORTS(ジェイスポーツ)オンデマンド

東京ヤクルトスワローズの試合を
視聴できる動画配信サービス

ヤクルトは阪神・巨人のようにスカパーの単独チャンネル契約で中継を見ることができません

そのため、DAZNがおすすめです。

DAZNでは、1週間先までの予告先発がチェックできるため、好きなピッチャーの配信を逃しません。

ヤクルト戦だけを安く見たい
→DAZN


DAZNで登録する

DAZN

中日ドラゴンズの試合を
視聴できる動画配信サービス

ドラゴンズもスカパーのチャンネル契約はありません。

  • JSPORTS:¥1,980円
  • DAZN:¥1,925円

そきほどのJSPORTSでも中日の主催試合を見ることができますが、DAZNの方が若干安くなります。

  • 広島カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • DeNAベイスターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

しかも、JSPORTSでは上記5チームの主催試合しか見ることができません。網羅性でも11球団放送のDAZNが優秀です。

ただ、25歳以下の方の場合はU25割の利用で月額¥990にすることができます。

そのため、おすすめの視聴方法をまとめるとこのようになります。

25歳以下で中日戦だけを安く見たい
→JSPROTS

26歳以上で中日戦を安く見たい
→DAZN

J SPORTSで登録する

DAZNで登録する

DAZN

横浜DeNAベイスターズの試合を
視聴できる動画配信サービス

ベイスターズはDAZNとJSPORTSどちらでも主催試合を見ることができます。

そのため、ドラゴンズと条件は同じです。

25歳以下で中日戦だけを安く見たい
→JSPROTS

26歳以上で中日戦を安く見たい
→DAZN

J SPORTSで登録する

DAZNで登録する


また、ニコニコプロ野球チャンネルというサービスを利用すると無料でベイスターズ戦を見ることができます。

ただ、ニコニコプロ野球チャンネルは無料会員だと回線の混雑状況によっては配信が中止されます。

動画の快適性を求めるのであれば、あまりおすすめはできません。

ニコニコプロ野球チャンネルを見てみる

【パ・リーグ】プロ野球を無料で見られる安心安全な配信サービス

ここからはパ・リーグ6球団のおすすめ視聴方法を紹介していきます。

パ・リーグはセ・リーグのように球団ごとでおすすめサービスが変わるということはありません。


なぜなら、パ・リーグ6球団全ての主催試合を格安で中継してくれるサービスが存在するからです。

その代表格がパリーグSpecialとパ・リーグTVです。

 パリーグSpecial

パリーグTV

月額¥702円¥1,595円
放送パリーグ
主催全試合
パリーグ
主催全試合
機器テレビ
スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
スマホ
パソコン
タブレット

※パリーグTVはファンクラブへの入会で¥1,045円

両方パリーグ全試合みれるね。料金が安いのはパリーグSpecialだよ

パ・リーグSpecialとパリーグTVの比較

もう少し細かくコンテンツ内容を比較してみましょう。

サービス内容の比較

パリーグSpecialパリーグTV
パ・リーグ主催の公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のCS
パリーグ主催のOP戦(一部)

パ・リーグ主催の公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のCS
パリーグ主催のOP戦
巨人・阪神主催の交流戦
パ・リーグ主催の二軍公式戦(一部対象外)

どちらもレギュラーシーズンからクライマックスシリーズまでと年間通してプロ野球中継を楽しむことができます。

  • パリーグの2軍公式戦(一部対象外)
  • 巨人・阪神主催の交流戦

パリーグTVではこの2点も見られるという利点があります。

ただ、応援している球団のペナントレースを1年間応援できればOK!!という方には大きなメリットとはなりません。

テレビで見られるか

家のテレビでゆっくり観戦できるのか不安だな

お酒を飲みながら大画面でゆったりとテレビ観戦したいという方は多いと思います。

両サービスのテレビ接続との相性を調べてみました。

パリーグSpecialパリーグTV
スマートテレビ
Chromecast
Fire TV
Apple TV
Android TV
PlayStation4
HDMIケーブル

Chromecast
Apple TV
Miracast
HDMIケーブル

テレビで見るときにはSTBなどの専用機器に接続する必要がありますが、対応可能な機器はパ・リーグSpecialの方が多いです。

特にパリーグTVではFireTVとつなげないのは残念なところです。

テレビでの視聴を想定している方はパ・リーグSpecialの方が使い勝手がいいです。


パリーグTVで登録する

パ・リーグSpecialで登録する


さらにお得なパリーグの視聴方法(無料も可)

ここまでの話を聞くと、とにかく安くプロ野球中継を見たい方にはパ・リーグSpecialが最適だと思われるのではないでしょうか。

しかし、パ・リーグSpecialよりもさらに安く見られる方法がまだあります。

パリーグの試合中継を無料もしくは格安で視聴する方法の早見表です。テレビで見る必要がない方でソフトバンクかワイモバイルを利用している場合、パリーグLIVEを利用すれば、無料視聴することができます。パリーグの2軍戦を見る必要がない方は無料ではありませんが、パリーグSpecialを使うと格安で試合中継を視聴することが可能です。パリーグ二軍戦を見たいという方にはパリーグTVがおすすめになります。

それはYahoo!プレミアム会員になってベースボールLIVEを利用するという方法です。

ベースボールLIVEは激安

ベースボールLIVEはYahoo!プレミアム会員限定で配信されるパリーグ専用の試合中継サービスです。

このYahoo!プレミアム会員には月額¥508を払うだけですぐになれます。

さきほど紹介したパリーグTVは月額¥1,595円なのでその差額を計算してみましょう。

¥1,595-¥508=¥1,087円


なんとパリーグSpecailよりも1ヶ月で¥1000円以上も安くなります。

1年間に換算すると¥13,044円もお得です。


パリーグLIVEのお得ポイントはこれだけではありません。


ソフトバンクもしくはワイモバイルの携帯を契約していると自動的にYahoo!プレミアム会員になれます。

この場合はお金を払う必要がなく、無料でベースボールLIVEを楽しむことができるのです。

ベースボールLIVEを見てみる

マルチアングル観戦が楽しい

ベースボールLIVEは「最先端の野球中継」を目標に掲げています。


その試みの1つにマルチアングル機能があります。

マルチアングルは通常の中継モードからボタン1つ押すだけで簡単に画面が切り替わります。

画面上半分ではホームベース上空からの映像を見ることができます。

普通の野球中継では気づかない発見があっておもしろいよ

「このバッターはベースからすごい離れて立つなあ」
「次の球はアウトコースギリギリに要求してるなあ」
「上から見るとこのバッターこんな構えなんだなあ」

めったに見ることがないアングルなのでこのような新鮮な気持ちで野球中継を楽しめます。

野球通の方にはたまらない機能です。

マルチアングルの下半分はこのような三画面同時配信になります。

  • ランナーがどのくらいリードしているか
  • 内野がどの位置で守備しているか
  • バッターとピッチャーの細かい表情

このような普段見ることができない細かい部分まで見ることができます。

革新的な体制を整えつつ、しかも破格の安さでサービスを利用できるパリーグLIVEは非常におすすめです。

ベースボールLIVEを見てみる

ベースボールLIVEのデメリット

ベースボールLIVEの対応デバイスはこちらです。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン

残念なことにテレビでプロ野球中継を見たいという方にはおすすめできません。

テレビでどうしても安く見たいという方はさきほどのパ・リーグSpecialが最安値になります。

パ・リーグSpecialで登録する

今後プロ野球を地上波で見られるようになる?

近年は地上波でプロ野球中継をしても、以前ほど高い視聴率をとれなくなっています。

巨人戦ナイターのテレビ中継視聴率をみると、1970年代半ばから1990年代まではシーズン平均(3月~10月)でほぼ20%台を維持していたが、2000年に入ると急速に低落し始め04年には12%まで低下した。かつてのように巨人中心のナイター編成が高い視聴率 を誇っていた時代とは違い、プロ野球視聴の人気に陰 りが出てきたことは否めない。

引用:スポーツとメディアの融合|スポーツ社会学研究

また、大谷選手など日本を代表する野球選手が次々とMLBに移籍する流れや、サッカー・テニス・バスケなど新たなプロスポーツの登場などで野球人気の一極化はもはや昔の話です。

そのため、毎試合地上波でプロ野球を見られる日が再度訪れるとは考えにくいです。

そプロ野球中継を見たい方は今回紹介した動画配信サービスを有効活用して応援したいチームの試合を観戦するようにしましょう。

プロ野球中継は条件次第で無料で見ることが可能

プロ野球を無料で見る方法はたくさんありますが、違法アップロードが多く、快適に見れるものではありません。

しかし、条件次第では健全なサービスでも無料でプロ野球中継を視聴することができます。

また、完全無料とまではいかなくても、月額¥1,000円以下の格安でシーズン全試合を見ることができる場合もあります。

自分に合ったサービスを選んで快適なプロ野球応援ライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

野球上達DVDランキング

野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。