【忖度皆無】ピッチングスピードアッププログラムは本当に効果があるのか?

この記事のまとめ

この記事ではピッチングスピードアッププログラムを購入して中身を見て正直に感じたことをまとめています。

野球専門トレーナーの視点でこのDVDのメリットやデメリット、どんな方がこの商品を買うべきなのかなどについて解説していますので、ぜひ購入の参考にしてください。

ピッチングスピードアッププログラムはご存知の方も多い有名なピッチングDVDです。

今回、ぼくはこのDVDを購入して紹介されているトレーニングを実践してみました。


ピッチングスピードアッププログラムの購入を検討しているけど決めかねている。

という方も多いと思います。


ということで、実際に使ってみた感想を約8500文字どのサイトよりも詳しくまとめました。

また、ぼくは野球専門のトレーナーとして多くの選手にトレーニング指導を行っています。

専門的な視点からみてこのDVDが有益なのかを的確に解説しています。

  • ピッチングスピードアッププログラムは実際効果があるのか
  • この商品が向いているのはどんな選手なのか
  • 収録されているトレーニングの特徴と内容

この記事を読むことで、みなさんのこのような疑問を解決することができます。

この記事の著者

芹田祐(セリタタスク)

理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。

保有資格
理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学)

10000本突破記念!
期間限定で7大特典がつくのは公式サイトだけ

ピッチングスピードアッププログラムについて

まずは、どんなDVDなのかザッと説明していきます。

ピッチングスピードアッププログラムの実績

ピッチングスピードアッププログラムの監修者はスポーツトレーナーで九州共立大学の教員もされている森部昌広さんです。

森部さんはプロ野球選手だけでなく、ラグビートップリーグ選手やオリンピック選手など一流アスリートを指導する有名なトレーナーさんです。

このプログラムを実践しているプロ野球選手は多数いるそうですが、その中でも元ソフトバンクホークスの高橋秀聡選手はこのプログラムを行ったことで球速が飛躍的に上がったようです。

この動画の中でも話していますが、146km/hだった球速が152km/hまで上がったみたいです。

中学硬式野球クラブの強豪である尾張一宮リトルシニアの鈴木晢夫監督もこのDVDプログラムを実践されています。

鈴木監督は「ピッチャーが継続的にこのトレーニングを行えば、球速は間違いなく上がる」とおっしゃっています。

購入した理由

ぼくは普段、パフォーマンスアップを目指す野球選手のパーソナルトレーニングをしています。

トレーニング指導する立場として難しい点のひとつにトレーニング効果が出ているのか?が分かりにくいということです。

トレーニング指導することで、確実に全身の可動域や筋力は上がるのですが、実際の投球パフォーマンスの向上につながっているのかは判断が難しいのです。


そんな中でも、シンプルに効果を判別するのに分かりやすいのが球速です。

選手と一緒に目標設定をするときには球速を掲げるようにしています。


例えば、多くの高校生にとって140km/hというのが大きな目標になると思います。


当然、ピッチャーにとって球速が全てではありません。

しかし、球速はピッチャーのパフォーマンスを測る重要なものさしだと思っています。


しかし、トレーニング指導をしていていつも感じるのは

球速アップは簡単なことはでない

ということです。


球速アップを達成するためには、その選手の課題がどこにあるのかいろいろな角度から深く分析し、その結果から適切なトレーニングを選択して指導する必要があります。

  • 胸郭の可動域
  • 股関節の可動域や筋力
  • 肩甲骨の可動域や筋力
  • 骨盤のコントロール
  • 瞬発力(伸張反射の有効活用)
  • 体格(除脂肪体重など)
  • 投球フォーム などなど・・・

挙げればキリがないのですが。このように球速アップに関係する要素はほんとにたくさんあります。


そのため、ぼくはいつも新しい知識を身につけるためになにか有益な情報はないかと思い、書籍や野球技術系のDVD、SNSなどをあさって自分のスキル向上にプラスになる情報をいつも探すようにしています。

そんなときに見つけたのが、ピッチングスピードアッププログラムでした。

上の写真の3ヶ月で15km/hUPのキャッチコピーにひかれつつ、ピッチャーの球速アップがどれだけ大変かは身を持って体験しているので、疑いの目もありました。


今まで、このようなパフォーマンス系のDVDで購入して中身をみてガッカリしたという経験を何回かしていることから、このDVDも半信半疑ではありました。

しかし、少しでも自分の知識の蓄えになればと思って今回購入してみました。


実際にプログラムをみてどう感じたのか良くも悪くも正直な感想についてはこの記事の後半で紹介していますので、そちらをご覧ください。

正直な感想と個人的口コミはこちら

トレーニングプログラムの概要

  1. 肩甲骨の可動性改善と肩周りの筋力強化プログラム
  2. 脊柱の可動域改善と体幹部の筋力強化プログラム
  3. 股関節の可動性改善と股関節周りの筋力強化プログラム
  4. 統合された爆発的パワーの開発

対談や特別映像を除いたメイントレーニングのパートは4つに分かれています。

肩甲骨の可動性改善と肩周りの筋力強化プログラム

ピッチャーにとって肩甲骨の可動域を高めることはパフォーマンスアップに欠かせません。


ピッチングスピードアッププログラムでは肩甲骨の動きを高めるための基本的なトレーニングが紹介されています。

肩甲骨をきちんと操作できている選手はとても少ないので、普段肩甲骨の動きを意識したことがない方にとっては有益な情報だと思います。

肩周りの筋力強化ではインナーマッスルトレーニングを中心にピッチャー必須のメニューが収録されています。

キューバンプレスなどピッチャーにとって最重要といっても過言ではない肩トレーニングのやり方も詳しく解説されています。

  • チューブトレーニングをなんとなくで行っている
  • インナーマッスルトレーニングを普段していない
  • インナーマッスルトレーニングを正しくできているか不安

こんな選手にとってためになる内容だと思います。
※一部、軽いダンベルを使ったトレーニングが含まれます。

脊柱の可動性改善と体幹部の筋力強化プログラム

背骨を柔らかく使えるようになると、ピッチング中に全身のしなりを最大限作り出すことができるようになります。

その結果、効率よくボールに力を伝えることが可能になり、球速も上がりやすくなります。


ピッチングスピードアッププログラムでは背骨の連動性を高めるトレーニングが複数紹介されています。

最近はスマホやタブレットの使いすぎが影響しているのか分かりませんが、姿勢が悪い選手がとても多いように感じます。

そのような選手は背骨をうまくコントロールすることはできず、ピッチング中もパワーロスにつながってしまいます。

脊柱の可動性改善は小学生のうちからぜひ取り組んでほしいメニューです。

体幹筋力の強化のパートでは、まずはじめに従来の腹筋トレーニング (クランチトレーニング)の弊害について解説されています。

クランチトレーニングをしている選手もいると思いますが、この解説を聞くことで体幹トレーニングに対する考え方が変わると思います。

ピッチングスピードアッププログラムでは、クランチトレーニングの弊害を考慮して無駄なく効率よく体幹を強化できる投手専用のトレーニングを紹介しています。


小学生には少し負荷が強いメニューもありますが、基本的にどの年代でも取り組める内容になっています。


※一部、鉄棒を使ったトレーニングが含まれます。

股関節の可動性改善と股関節周りの筋力強化プログラム

このパートの冒頭では

股関節の可動域がなぜピッチャーに必要か?

ということをプロ野球選手にシャドウピッチングをしてもらいながら、説明してくれています。


最近は可動域の重要性はよくいわれるところだと思いますが、具体的になぜピッチャーには股関節の可動域が必要なのかを知ることができるのはとても大きなメリットです。


股関節の可動域改善プログラムは真新しいストレッチという感じではなく、みなさんもご存知のようなストレッチが紹介されていて誰でも取り組みやすいと思います。

統合されたパワーの開発

最後に爆発的なパワーを発揮するためのトレーニングが紹介されています。

いわゆる瞬発力の強化トレーニングです。


ピッチャーは踏み出し足が地面に着地してからボールをリリースするまでの時間が約0.4秒といわれています。

つまり、それだけのわずか一瞬の間に自分の持っているパワーを最大限発揮できるかがパフォーマンスの良し悪しを決めます。

その能力を高めるためにはこの瞬発系トレーニングが重要になります。


ピッチングスピードアッププログラムでは、ジャンプトレーニングを中心としたメニューが紹介されています。

メニュー自体はとてもシンプルなものが多く、誰でも取り組むことが可能です。

期間限定で特典がつく

今は販売10000本突破を記念して特典を7つもらえます。

期間限定特典
  1. 球速アップ保証
    トレーニングメニューを1年以内に3ヶ月以上実践したのに効果が全くなかった場合は全額返金
  2. 個別サポートが無料
    通常¥15,000(2回分)かかる森部トレーナーのサポートを6回分完全無料で受けることが可能
  3. バッティングトレーニングDVD付き
    パンチ力を高めるためのバッティングトレーニングDVDをもらえる
  4. ダッシュトレーニングDVD
    走力アップのトレーニングDVDをもらえる
  5. 守備範囲を広げるトレーニングDVD
    守備力向上のDVDをもらえる
  6. プロ野球選手による座談会DVD
  7. トレーニング&ボディチェックシート
    グラウンドやトレーニング場で使えるトレーニングの解説資料とコンディショニングチェックシートつき

球速アップ保証はかなり強気なサービスですが、それだけトレーニングの内容に自信を持っているのでしょう。

また、バッティングや走塁、守備に関するDVDも無料でもらえるので、幅広く野球の知識をつけたい方などにはかなりお得な特典です。

こちらはトレーニング中に意識するべきポイントなどをまとめた資料です。

練習中にエクササイズのやり方を忘れたとしても、この冊子を持っていれば、どこでも正しいフォームを確認しながらトレーニングすることができます。

冊子は145ページもあり、内容が濃くてかなりボリューミーになっています。

この資料も特典として無料でついてきます。


注意事項

  • 特典がいつまであるのかは不明です。今後、特典の打ち切りが予想されるので、購入の際はご自身で確認お願いします。
  • 公式サイトから購入しないと特典はつかないので注意してください。

10000本突破記念!
期間限定で7大特典がつくのは公式サイトだけ

これから僕が実際に購入し、内容を視聴してみて率直に感じたことをメリットデメリットにわけて紹介していきます。

ピッチングスピードアッププログラムのメリット

メリット
  • 球速アップに必須のトレーニング法を知ることができる
  • トレーニングのコツや意識するべきポイントを把握して取り組める
  • 全身の可動域と筋力をバランスよく高められる
  • トレーニング自体は簡単で誰でも実践可能

球速アップに必須のトレーニング法を知ることができる

ピッチングスピードアッププログラムの内容をざっくりいうと

球速アップを目指すピッチャーのベースを作るための全身トレーニング

という感じです。


このDVDで紹介されているプログラムの動きが全くできないのであれば、今後劇的な球速アップは見込めないと思います。

ハイレベルなピッチャーになるための土台を作りたいという選手には有益な商品となるでしょう。

トレーニングのコツや意識するべきポイントを把握して取り組める

なぜそのトレーニングをやるのか?

この疑問に答えられるように丁寧に解説をしてくれています。


お子さんが自主練習しているときの様子を思い浮かべてみてください。

庭で練習しているのはいいけど、やっているトレーニングになんの意味があるのか理解していなくて、なんとなく惰性で取り組んでいる感じがしませんか?


それでは時間を使って練習していても、トレーニングの効果はほとんどありません。


このDVDを見ると、それぞれのトレーニングがピッチングにどう関係しているのかをリアルに感じることができます。

そのため、高いモチベーションでトレーニングに取り組むことができるので飽きることなく、長い期間練習することができると思います。


また、お子さんに野球を指導してあげたい!という親御さんもたくさんいらっしゃると思います。

頭ごなしに自分の子供に

「肩甲骨のトレーニングをしろ」

といっても子供のやる気スイッチは入りません。

むしろ、余計にトレーニングする気がなくなってしまう子も多いと思います。


このDVDは親御さんが見ることで、トレーニングが必要な根拠をきちんと理解することができます。

学んだ知識をかみくだいてお子さんに話をすることでお子さんのやる気スイッチを入れることができるのではないかと思います。

全身の可動域と筋力をバランスよく高められる

ピッチングは全身をフル活用したダイナミックな動作です。

どんなに素晴らしいトレーニングでも、部分的なトレーニングを行っただけで球速がすぐに上がるということはありません。


全身の可動域と筋力をバランスよく高めていくことが重要です。

そのため、数多くのストレッチやトレーニングメニューをまんべんなくこなしていく必要があります。

このDVDのメニューは

  • 肩甲骨の可動域アップ
  • 肩周りの筋力トレーニング
  • 背骨の可動域アップ
  • 体幹の筋力トレーニング
  • 股関節の可動域アップと筋力トレーニング

このように全身のコンディショニングを改善することが可能であり、ピッチャーに必要なさまざまな能力を確実に手に入れることができます。

トレーニング自体は簡単で誰でも実践可能

ここまでの話を聞くと、メニューの数が多くて全身のいろいろなトレーニング動作があるので

「自分の子供はトレーニングの形を正しくできないんじゃないか」

「難しくて長続きしなそう・・・」

「レベルが高くてすぐに疲れてしまいそう」

このような心配をする方もいるのではないでしょうか?


しかし、ぼくが見る限りではメニュー自体はとてもシンプルです。

最初は動きをうまくできなかったとしても、動画をみながら反復して行うことで野球初心者のお子さんでも必ずきちんとできるようになります。


ピッチャーにとって必須のトレーニングが多いので、小学生のうちから取り組むと中学生以降で筋力がついてきたときにぐんぐんパフォーマンスアップに結びつく可能性があると思います。

そのため、小学生などのジュニア選手でもプログラムを実践する価値があるといえるでしょう。

注意事項

  • 特典がいつまであるのかは不明です。今後、特典の打ち切りが予想されるので、購入の際はご自身で確認お願いします。
  • 公式サイトから購入しないと特典はつかないので注意してください。

10000本突破記念!
期間限定で7大特典がつくのは公式サイトだけ

ピッチングスピードアッププログラムのデメリット

次はデメリットについても紹介しておきます。

デメリット
  • 料金が高い
  • 冒頭のインタビューが長い
  • 鉄棒とダンベルが必要

料金が高い

ピッチングスピードアッププログラムの価格は¥16,800です。

なかなかのお値段なので買うのにみなさん躊躇すると思います。

ぼくもかなり悩みました。


実際に買ってみた感想としては、すべての野球選手におすすめできるとは言いきれません。

しかし、DVDの内容にマッチする方にとってはかなり有益な内容だと思います。


具体的にどのような方がこの商品にマッチするかは

こんな方にはおすすめで説明していますので、そちらをご覧ください。


また、今だと期間限定で特典もついているのでそのあたりの内容も加味して購入を検討するといいと思います。

冒頭のインタビューが長い

2つ目は動画の冒頭にある監修者のインタビューが長く感じるという点です。

監修者の経歴や現在関わっている仕事内容などが紹介されています。


個人的にはあまりそういった内容に興味がないので、少しマイナス点に感じてしまいました。

鉄棒とダンベルが必要

肩甲骨と背骨の可動性改善ではトレーニングの一部に鉄棒を利用しています。


家の近くに鉄棒がない方にとってはデメリットになると思います。しかし、鉄棒を使わなくても行えるトレーニング法も紹介されていてそのメニューで十分効果を出すことができると思います。


また、肩周りのトレーニングでは軽量のダンベルを使用しています。

これに関しては、肩のインナーマッスルは自重のみで強化するのには限界があります。

効率よくインナーマッスルを強化しようと思ったら、ダンベルは用意しておくべき物品だと思います。


ダンベルといっても10Kg以上の高重量が必要なわけではなく、5Kg以内で問題なのでそこまで費用がかかりません。

こんな方にはおすすめ

ピッチングスピードアッププログラムを購入してみてこんな方は買うといいんじゃないか。というのをイメージしてみました。

  • 球速アップを目指す小学生・中学生
  • 子どもにトレーニングを教えてあげたい保護者
  • 自分のチームに専門のトレーナーがいない選手

球速アップを目指す小学生・中学生

トレーニングのメニューとしては高重量を扱うウエイトトレーニングや高負荷のメニューというわけではありません。

どちらかというと、ピッチャーが最低限取り組んでおくべき、パフォーマンスアップのベースとなるプログラム内容になっています。


そのため。小学生のうちから脊柱や肩甲骨・股関節などの操作能力や可動域改善に取り組むのがおすすめです。

また、中学生で部活で専門の指導者がいなくてまともなトレーニングをできていないような選手には購入する価値が大いにあると思います。

これから子どもにトレーニングを教えたい保護者

ピッチングスピードアッププログラムでは

なぜそのトレーニングをする必要があるのか?

を明確に説明してくれています。


そのため、自宅で子供にトレーニングを指導してあげたいという指導者や保護者の方におすすめです。

自分の部活やクラブのチームにトレーナーがいない選手

トレーナーの視点でいうと、トレーニングの内容が全て目からウロコということはありませんでした。


どちらかというと、ピッチャーに必須の定番トレーニングメニューが多いという印象です。


そのため、野球専門のトレーナーさんがいらっしゃるチームでは普段から取り組んでいるメニューがあるかもしれません。

そのような選手にとっては購入したときの価値は下がるかもしれません。

  • 野球部の顧問の先生が野球素人で本格的な指導を受けるのが難しい
  • スポ小の監督がとても熱心だけど、専門的かというとあやしい
  • 実践練習ばかりで可動域やインナーマッスルのトレーニングがない

反対に、このような選手の場合は、現状の練習環境ではパフォーマンスを飛躍的に向上させることは難しいです。

パフォーマンスを本気で高めたいと思うのであれば、自宅でトレーニングに励む必要があり、そのときのメニューとしてこのトレーニングプログラムを実践するのはありだと思います。

10000本突破記念!
期間限定で7大特典がつくのは公式サイトだけ

ピッチングスピードアッププログラムは球速アップに効果があるのか

この記事の前半で話しましたが、球速をアップさせるのは本当に大変でぼくもいつも試行錯誤をしています。


このプログラムを継続的に行って確実に球速がアップするのかといえばそれはNOだと思います。


なぜなら、投球フォームがガチャガチャであれば、いくらトレーニングをしてコンディショニングを整えたとしても、高めた能力が実際のピッチングの中で発揮されることはなく、球速も上がりません。

ピッチングスピードアッププログラムでは、ピッチャーが球速アップさせるために必ず押さえておくべきメニューを教えてくれます。

そのため、普段なかなか専門的なトレーニング指導を受けていない選手が実践することで、球速がアップする可能性は高いと思います。

球速アップを目指す選手は一見の価値あり

ピッチングスピードアッププログラムを実際に購入して使ってみた感想をまとめてきました。


このプログラムのメリットは以下の通りです。

  • トレーニングの目的を明確にして取り組むことができる
  • ピッチャーに必要な全身の可動域と筋力をバランスよく高めることができる
  • メニュー自体は簡単で小学生でも実践できる

普段の練習で野球専門の指導者やトレーナーなどから指導を受けることができない選手は多いと思います。


そのような場合は今の環境のままでは、パフォーマンスが高めることはなかなか難しく、他のチームの同年代の選手との間にどんどん技術の差が開いてしまいます。

そして、中学から高校など上のカテゴリーに上がったときに他の子との明らかな実力差を感じてしまうかもしれません。


そんな選手は練習以外の時間を使って自主的にトレーニングをするようにしてより高いパフォーマンスを発揮できるようにならなければなりません。


ピッチングスピードアッププログラムではピッチャー必須のトレーニングが紹介してあるので、練習環境がよくない選手でも着実に力をつけることができます。


自分やお子さんの境遇もそんな感じだと思ったら、DVDを購入して質の高いトレーニングを実践しましょう!

10000本突破記念!
期間限定で7大特典がつくのは公式サイトだけ

少年野球上達DVDランキング

野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。