元MLBトレーナーのマック高島さん【驚異の投手パフォーマンスライン】の効果

この記事のまとめ

元MLBトレーナーのマック高島さんが解説するDVD【驚異の投手パフォーマンスライン】を購入しました。
この記事では、驚異の投手パフォーマンスラインの特徴と概要や効果、さらにデメリットまで踏み込んで解説しています。

元MLBトレーナーの高島誠さんが監修している驚異の投手パフォーマンスラインというDVDを購入したので徹底レビューしていきます。

高島さんは有名な方なので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。


高島さんはマックさんとも呼ばれていてオリックスの山岡投手など多くのプロ野球選手のトレーニング指導をされています。


今回はそんな高島さんが実技指導されているDVDの中身をみて感じたことや紹介されているトレーニング内容、商品のメリット&デメリットについて紹介していきます。


結論からいってしまうとこのDVDは球速アップしたい選手にかなりおすすめです。


その理由について深掘りして徹底解説していきますのでぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 投手パフォーマンスラインで収録されているトレーニング内容
  • 投球パフォーマンスラインはどのような効果があるか
  • 商品のデメリット
  • 他の投手トレーニング系DVDと比べて優れている点
この記事の著者

芹田祐(セリタタスク)

理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。

保有資格
理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学)

期間限定の無料特典は公式サイトだけ

投手パフォーマンスラインの特徴と概要

まずはDVDの特徴と概要について紹介していきます。

元メジャーリーグトレーナーが監修

冒頭で紹介しましたが、高島さんは多くのプロ野球選手から師事を受けています。

オフシーズンになると、高島さんの元で多くのプロ野球選手が合同自主トレを行っているようです。

プロ野球選手も実践しているトレーニングを知ることができると思うとワクワクしますね。

DVDの概要

DVDの概要は以下の通りです。

野球に必要な柔軟性とチェック

野球選手はどんな柔軟性が必要なのか。素人でも簡単にチェックする方法

柔軟性を出すためのストレッチ・コンディショニング

従来のストレッチやマッサージではなく、呼吸法を取り入れたコンディショニングで筋肉の余分な筋肉を取り除くメソッドなど

間違った体幹トレーニングと正しい体幹トレーニング

従来のクランチトレーニングの弊害。ピッチャーが本当にするべき正しい体幹トレーニング

間違った下半身トレーニングと正しい下半身トレーニング

間違ったスクワットトレーニングとその弊害。ピッチャーに必要な部位を刺激をいれる正しい下半身トレーニング

肘のトレーニング

ケガ予防につながる肘トレーニング

ケガをしやすい投げ方

ケガをしやすい選手の典型的な投球フォームの特徴。正しい投球フォームを習得するためのスローイングドリル

セルフチェックの方法

重大なケガをしていないか簡単にチェックする方法

野球で使われている感覚的な表現について

昔からいわれる野球界の表現の注意点。その言葉を鵜呑みにせず、正しく理解する方法

投手パフォーマンスラインのメリット

メリット
  • 短時間で可動域が改善する方法を知ることができる
  • ケガ予防だけでなく球速アップにもつながる
  • 指導者・保護者にとっても有益
  • 自宅で実践可能

短時間で効果が出るトレーニングを知ることができる

投手パフォーマンスラインの基本的な流れについて説明します。


高島さんが選手役の人にトレーニング指導をしてその前後で

  • 可動域
  • バランス
  • 筋力

がどのように変化するかを実演してくれます。


正しいトレーニングを行うと、たった10回くらいでも可動域が広くなったり、下半身のバランスも明らかによくなっています。


トレーニングを行った直後に動きが改善しているので、最初は手品を見ているような感覚で半信半疑になる方が多いと思います。

しかし、実際に自分でトレーニングを体験してみると可動域などの変化を身をもって体感することができます。

どのトレーニングもシンプルで小学生から実践可能で可動域やバランスなどの変化を確かめるチェック法も簡単です。


短時間でトレーニング効果が出る理由についてはDVD内で詳しい解説はされていません。


個人的には筋肉に適切な刺激を入れ、呼吸法を使って緩めるべき部位は緩めることで、本来の可動域や筋力・バランスを発揮できるようになるからではないかと思います。


そもそも、自分が潜在的に持っている本来の能力や動きを十分に引き出すことができていないということです。

そのため、このトレーニングで全身調整をすることで即時的に可動域・バランス・筋力を高めることができます。


高島さんのトレーニングは1分もかからずに運動パフォーマンスを上げることができるので、ウォーミングアップや試合前に取り入れることをおすすめします。


全身のコンディショニングを整えたうえで試合に入ることができれば、自分の本来持っているパフォーマンスを十分に発揮することができるようになります。

ケガ予防だけでなく球速アップにもつながる

投手パフォーマンスラインは

ケガを繰り返す選手が自宅でもできるトレーニング」

をテーマに作られています。


しかし、内容を見て感じるのはケガを抱える選手に限らず、すべてのピッチャーが取り組むべきトレーニングが紹介されているということです。


なぜならケガ予防だけでなく、パフォーマンスアップへの効果も高いからです。


例えば、ケガをしやすい投球フォームについての解説があるのですが、そもそもケガをしやすいフォームというのはピッチング中のバランスが悪く、全身の力をボールに伝えきることができません。


DVDで紹介されている正しい投球フォームを習得するためのドリルを行えば、ピッチング中に必要な正しい腕の使い方をおぼえることができます。


その結果、ケガをしにくいフォームになるだけでなく、リリースポイントで全身の力を効率よくボールに伝えることができ、球速も上がりやすくなります。


この他にも、DVDで紹介されている下半身トレーニングを行って足腰の安定性がアップすれば、肩や肘に頼った投げ方が修正されるだけでなく、上体の回転を鋭く行えるようになって自然と球速も上がりやすくなります。


このように投手パフォーマンスラインのトレーニングをすれば、ケガ予防はもちろんのことパフォーマンスアップにつなげることができます。

丁寧にトレーニングに取り組めるようになり、結果が出やすくなる

トレーニングはとても繊細なものです。

正しい動きで行えていないとむしろパフォーマンス低下につながることは珍しくありません。


頑張ってトレーニングしているのに、それが意味がないどころか逆効果だったらとても悲しいですよね?

このDVDでは

  1. 正しいトレーニング
  2. 間違ったトレーニング

をした場合、それぞれ可動域などのコンディショニングがどう変わるかを

トレーニング→パフォーマンスチェック

という流れで実際に見せてくれます。


少し伝わりにくいと思うので、本編にあるインナーマッスルトレーニングを例にして具体的に説明します。

みなさん脇を閉じてチューブを引っ張るインナートレーニングをしたことがあるのではないでしょうか?


しかし、このトレーニング実はものすごい難しいトレーニングです。


細かいポイントを意識して本当に注意深くやらないと、アウターマッスルばっかりを使ってしまいます。


そうなると、インナーマッスルのトレーニングとしての意味をなさないだけでなく、まわりの筋肉に余分な力が入ってしまい、可動域が悪くなってしまいます。


アウターマッスルの力を抜き、インナーマッスルに最適な刺激が入れることが重要なのです。


しかし、脇を閉じて行う従来のチューブトレーニングではこの動きを正確に行える選手はほとんどいません。


投手パフォーマンスラインでは、目的とする筋肉に正しく刺激入れ、それ以外の余分な筋肉は力が入りにくいトレーニングのやり方を教えてくれます。


このようなトレーニングを正しく行うことができるとインナーマッスルの強化になるだけでなく、全身のバランスが整うので可動域・下半身の安定性・筋力も上がります。


その一方でみなさんがやりがちな間違ったトレーニングを行うと可動域・下半身の安定性・筋力のパフォーマンスが悪くなってしまいます。


DVDでは、このようなコンディショニング変化を実演してくれるので、トレーニングをただやみくもに行うのではなく、丁寧に取り組むことがいかに重要であるかを学ぶことできます。


今よりも集中して丁寧にトレーニングに励むことができるようになると、トレーニング効果がより増幅して最短距離で投手のパフォーマン向上につなげることができると思います。