野球観戦に必要な持ち物を徹底紹介! とことん野球を楽しむために

スポンサーリンク
この記事のまとめ

プロ野球観戦に初めて行く方は球場の様子が分からず、何を持っていけば見当がつかないと思います。この記事では野球観戦の経験豊富な私が野球観戦で必要な持ち物を実体験をもとに紹介しています。

初めて野球観戦に行く前は何を持っていけばいいのか悩みますよね?

この記事では、野球観戦歴約10年の私が野球場に持っていくべき便利な持ち物などを紹介していきます。

この記事で紹介する持ち物を必要に応じて持っていけば、何の心配もすることなく野球観戦を楽しむことが可能になります。

必要な持ち物をしっかり用意していけば、充実した野球観戦につながりますよ。

絶対に必要な持ち物

まずは野球観戦をするにあたって絶対に必要な持ち物を紹介します。

チケット

野球観戦をする中で最も重要性の高い持ち物がチケットです。

極端な話ですが、いくらお金を持っていても手元にチケットがなければ入場することはできません。

さらに、大切なのは入場した後もチケットは絶対に手放さないということです。

と言うのも、売店などから帰ってくるときに係員にチケットを見せなければいけない場合もありますし、球場はとても広いので自分の席がどこか分からなくなることもあるからです。


野球場では常にチケットを手元に持っておくことは野球観戦するうえでの鉄則です。

普段は絶対に持ち歩くもの

財布・スマホ・ハンカチなど普段みなさんが絶対に持ち歩くものは野球場に持っていくようにしましょう。


フラッと公園に行くような感覚で野球場に訪れてしまうと不便を感じることになります。

というのも、野球の試合時間は平均3時間くらいです。

野球の試合はけっこう長いよ

それだけ長い時間を野球場で過ごすことになるからこそ、普段は絶対に持ち歩いているものは持っていくようにしましょう。

気候に合った服装

野球観戦では服装に細心の注意を払ってください。


例えば、真夏のナイター戦であっても試合終盤になると、午後9時を過ぎて肌寒さを感じてしまうかもしれません。

その一方、屋外の野球場は風が通りにくいため、昼間は予想以上に蒸し暑くなることが多いです。

  • デイゲームorナイトゲーム
  • 屋外球場or屋内球場(ドーム)

このような観戦状況を考慮して服装を選択しましょう。

西武本拠地ドーム


千葉ロッテの本拠地は風が強くて気温以上に寒いことが多い西武ドームはものすごく暑いなど球場によって特徴があります。

特に屋外球場に観戦しにいく方は慎重に服装を選ぶようにしましょう。

気候に合った服装でないと野球観戦には集中できません。

1番下の肌着は半袖にしてそれに重ね着できるような服装だと様々な気候に対応することができます。

日焼け対策グッズや熱中症対策グッズ

暑さ対策と似ていますが、日焼け&熱中症の対策グッズは必ず持っていくべきです。


ただ、屋内型の球場では日焼けの心配はありません。

屋外球場で野球観戦するときは気をつけるようにしましょう。

日本ハム札幌ドーム屋内
楽天楽天生命パーク宮城
西武メットライフドーム
巨人東京ドーム屋内
ヤクルト神宮球場屋外
ロッテZOZOマリンスタジアム屋外
DeNA横浜スタジアム屋外
中日名古屋ドーム屋内
オリックス京セラドーム屋内
阪神甲子園屋外
広島MAZDAスタジアム屋外
ソフトバンク福岡PayPayドーム屋内

プロ野球各球団の本拠地球場一覧だよ

西武の本拠地ドームは特殊です。

球場の形はドーム型ですが、全面を完全に覆われているわけではありません。

そのため、雨・雪・風が吹き込みやすく、夏は熱気がどんどん球場内に入って蒸し風呂状態になるので熱中症対策が必須です。

暑さ対策でみなさんがよく持参しているのがこの手持ち扇風機です。

手持ち扇風機は手軽でいいのですが、圧倒的に力が弱く、暑い日に屋外で使うとほとんど涼しくなりません。

そしてなにより、ずっと手で持っておくのがかなり面倒です。


そんな欠点を埋め尽くしてくれる冷涼グッズがこちらです。

このグッズはUSB充電で作動する首かけのクーラーです。


本体に冷却プレートがついていて装着した瞬間に-13℃の涼しさを体感できます。

熱中症予防ではよ一般的に「首周りを冷やせ」といわれます。

これは、首に太い血管があり、その太い血管を冷やすことで体温を効果的に下げることができるからです。


ネッククーラーは首かけなので首周りを瞬間的かつ持続的に冷やすことができ、体温上昇を効果的に防ぐことができます。

また、ずっと手で持っておく必要がないので試合観戦に集中することができますし、ビールや焼き鳥などの飲食を涼みながら快適に行うこともできます。

スポンサーリンク

あると便利な持ち物

ここからは、絶対に必要ではないですがあると便利な持ち物について紹介します。

どの持ち物もサイズ感は小さいですし、軽いものです。

可能であれば、ここから紹介するものをバッグに詰めて野球観戦に行くことをおすすめします。

双眼鏡