【2022年厳選版】中学生野球部におすすめのプロテイン6選と徹底比較

スポンサーリンク
この記事のまとめ

中学生になると体格の個人差が大きくなっています。野球部にいると他の選手よりも体格が未熟でもっと大きくなってほしいと思う保護者さんは多いはずです。この記事では中学生野球部におすすめしたいプロテイン6つ厳選して公開しています。プロテインの商品名だけでなく、中学生がプロテインを摂取する意義についてもまとめているのでぜひ参考にしてください。

中学生におすすめのプロテインってある?

おすすめプロテイン5選を徹底解説しよう

この記事で分かること

  • 中学野球部にプロテインが必要な理由
  • ジュニアプロテインの特徴
  • 食事のみでたんぱく質摂取クリアの難しさ
  • 中学野球部におすすめプロテイン

中学野球選手にプロテインは必要?

硬式野球・軟式野球問わず、中学生年代の野球部にプロテインは必要でしょうか?


結論としては「必要」です。


その理由をデータを使って説明していきます。

野球選手の体格

2019年夏の甲子園にスタメンで出場した全選手の平均体格がこちらです。

身長体重BMI
173.872.924.1
引用:スポーツ栄養士あじのブログ

平均体重が72.9kgなのでかなりがっちりしていることが分かります。

厚生労働省の報告では、日本全国の高校3生生(17歳)の体格は平均身長170cm・平均体重61kgといわれています。

それに比べると甲子園球児はかなり立派な体格です。

次にプロ野球選手の平均体格はこちらです。

身長体重BMI
180.884.925.9
引用:現役プロ野球選手の「身長・体重ランキング2021」

こちらは平均身長180.8cmかなり大きいですし、なんといっても平均体重84.9kgというのにはびっくりします。


このようにハイパフォーマンスを発揮している選手は一般平均よりも圧倒的な体格をしていることがわかります。

中学生野球部の身長データ

みなさん中学生時点での身長がどのくらいなのか気になると思います。

中学生野球部の平均身長については様々なデータを基に比較したことがあるので、その記事を参考にしてください。

【データ比較】中学生野球部の平均身長はどのくらい?

体格と野球パフォーマンスの関係

さきほど紹介したように各カテゴリーのトップレベルで活躍する選手は優秀なフィジカルを持っています。

その理由は身長・体重の増加が野球パフォーマンスの向上に直結するからです。

中学生野球選手では投手・野手ともに①身長②体重