【実飲報告】アストリションを実際に飲んでみたリアルな口コミ

この記事のまとめ

今回、アストリションのジュニアプロテインを実際に飲んでみました。イチゴ味・ココア味・ヨーグルト味の全3種類のフレーバーを実飲した感想を皆さんに伝わりやすいように比較しています。また、小中学生にも飲んでもらって感想を聞いてみたので、お子さんにどのジュニアプロテインを買ってあげようか悩んでいる親御さんにとって参考になる内容になっています。

小中学生専用のプロテインとして有名なのが、アストリションのジュニアプロテインです。

アストリションを知っているけど、味がおいしいのかどうか気になるという方も多いはずです。

この記事ではアストリション ジュニアプロテインを実際に飲んでみた感想を忖度なしでまとめていきます。

本記事はPR記事です

成長期専用プロテイン アストリション

成長期専用のプロテインとして有名なのがアストリションのジュニアプロテインです。

アストリションは管理栄養士の方が運営されているプロテインメーカーです。

アストリションの公式サイトはこちら


アストリションのジュニアプロテインは今話題の大豆をたんぱく質の原料としたソイプロテインです。

成長期のサポートはもちろんのこと、食の安全面も高いことから人気のプロテインとなっています。

アストリションの特徴

  • 国内製造の大豆たんぱく
  • 人工甘味料不使用
  • 最適な成分比率
  • 亜鉛・ビタミンD配合
  • 格安

アストリションのメリットを先に見る方はこちら

プロテインの問題点

プロテインの効果はすぐに出るわけではないので、習慣化して飲み続ける必要があります。

毎日飲み続けるために重要なのが「おいしいか」どうかです。


大人であれば、おいしくなくても目標があればガマンして毎日口にすることができると思います。

しかし、小中学生がおいしくないものを毎日飲むのは結構しんどいものです。

嫌いなものを毎日食べられる小中学生はなかなかいないと思います。


一昔前のプロテインは味がイマイチで飲むのがおっくうになりましたが、最近のプロテインは味の問題が改善されつつあり、飲みやすくはなっています。

とはいえ、中には味がイマイチで小中学生が途中で飲むのをやめてしまいそうな商品もあります


今回、小中学生が無理なく続けるために重要な「味」に焦点を当ててレビューしていきます。

アストリションの味バリエーション

アストリション ジュニアプロテインの味バリエーションはこちらです。

アストリションの味バリエーション

  • ココア
  • イチゴ
  • ヨーグルト

※2022年5月からレモンヨーグルトは味が改良されてヨーグルトに変更されました。

レモンヨーグルトのグレードアップ

  • サッパリとした風味に改善
  • 粉末のこなっぽさが改善
  • 水でも飲みやすくなった

【実践】アストリションのリアルな口コミ

まず、ぼくが飲んでみて感じたことと購入するうえでみなさんが気になるであろう点についてもまとめます。

袋の大きさ

アストリション1パックの大きさは硬式ボールと比較するとこんな感じです。

見ての通り、大きすぎないので、遠征時は詰め替えなくてもそのままバッグに入れて持ち運びできるサイズ感です。

作り方

飲み方は簡単です。約10秒で完成です。

1.プロテインを入れる

プロテインを付属のスプーンですりきり3杯分をコップやシェイカーに入れます。

2.牛乳を入れる

次に、牛乳もしくは豆乳150ml〜200mlをシェイカー・コップなどに入れます。

3.シェイクする

最後に混ぜたら完成です。

小中学生1人でも簡単に作ることができます。

プロテインの混ぜ方

シェイカーがなくてもスプーンでかき混ぜられます

【実飲】アストリションの口コミ