【データ比較】中学生野球部の平均身長はどのくらい?

この記事のまとめ

中学生になると身長に大きな差が出てきます。みなさん、我が子の身長が平均よりも高いのか低いのか気になると思います。この記事では、中学野球部の平均身長についてまとめてあるデータをいくつか引用して実際どのくらいなのかまとめています。また、全国平均との中学野球部の身長も比較していますので、ぜひ参考にしてください。

中学生野球部の身長ってどのくらい?

データを基に解説するぞ

この記事で分かること

  • 中1・中2野球部の平均身長
  • 中3野球部の平均身長
  • 全国平均との比較
  • 身長を伸ばすおすすめ方法

中学野球選手の平均身長

中学野球選手の平均身長がどのくらいかいくつかのデータをまとめてみました。

中学1年生〜中学2年生

<データ1>

  • 対象
    中学生クラブチーム投手10名
  • 平均年齢
    13.4歳
  • 平均身長
    166.9cm
  • 平均体重
    61.1kg

引用:投球数が肩関節機能に及ぼす影響―中学生野球選手において―|理学療法科学

<データ2>

  • 対象
    中学生野球選手34名
    (投手10名・捕手4名・内野手12名・外野手8名)
  • 平均年齢
    13.3歳
  • 平均身長
    161.8cm
  • 平均体重
    52.6kg

引用:投球障害肘を呈した成長期野球選手の打撃時の痛みの検討|日本肘関節学会誌

<データ3>

  • 対象
    中学生野球選手154名
    (投手54名・それ以外100名)
  • カテゴリー
    軟式133名 硬式21名
  • 平均年齢
    13.4歳
  • 平均身長
    163cm
  • 平均体重
    52.0kg

引用:中学野球選手における肩関節内インピンジメントの検討|肩関節

この3つのデータは平均年齢が13〜14歳です。

そのため、中学1年生〜中学2年生がメイン対象になります。


データ1の平均身長166.9cmで1番高いですが、対象人数が10名なので高身長の選手がたまたまそろっていた可能性があります。


3つのうち、最も対象者数が多いのがデータ3です。

データでは、中学野球選手154名が対象でその平均身長は163cmです。

中学野球の平均身長

中学1〜中2年生くらいで163cm

全国平均との比較

次に野球選手は関係なく、日本全体の小中学生年代の平均身長を見てみましょう。

年齢平均身長
10138cm
11145cm
12153cm
13161cm
14165cm
15168cm
16170cm
17170cm
18171cm
引用:e-Stat 政府の統計窓口

13歳=161cm

14歳=165cmです。


さきほどの中学野球選手(データ3)は163cmと同じような数値といえます。

中学野球部の身長(全国平均との比較)

中1〜中2では同じくらいの身長

中学各年代の平均身長

次に野球選手の中学3年生年代を含めた身長データを紹介します。

中1春中2春中3春
153.6cm161.9cm167.5cm
引用:高崎中央ボーイズ倉俣監督BLOG

 中3春時点で167.5cmとなっています。

さきほどの全国平均の15歳を見てみると168cmなので、中学野球部の平均身長は全国平均と同等といえます。

中学野球部の身長(全国平均との比較)

中3も同じくらいの身長


また、中学生は1年間での身長の伸び率が大きい時期です。

各年代の身長差はこんな感じです。

中学生学年間での身長差

  • 中1(153.6cm)→中2(161.9cm)
    8.3cm
  • 中2(161.9cm)→中3(167.5cm)
    5.6cm
  • 中1(153.6cm)→中3(167.5cm)
    13.9cm

中1と中3では平均身長に約14cmも差があることがわかります。

中学野球の身長は成績に影響する?

中学全国大会に出場した投手25名(全国)と都道府県以上の大会に出場していない同年代の野球選手28名の身長を比較した報告があります。

その結果がこちらです。

 全国経験それ以外
年齢14.7歳14.5歳
身長173.4cm168.0cm
体重66.3kg55.5kg
球速124.2km/h107.6km/h
引用:中学生期におけるトップ野球選手の成熟度


このデータの平均年齢は14.5歳〜15歳なので、年代としては中学3年生がメインです。

全国大会出場選手は平均173.4cmでそれ以外の選手よりも5.4cm高いようです。


173cmというと成人男性の平均と同じくらいです。


全国大会レベルの選手は中学3年生にして大人と同じくらいの身長に到達していることになります。


体格が全てではないですが、やはり高身長の選手の方がハイパフォーマンスを発揮しやすいのかもしれません。

成長が伸びる時期は短い

身長は二次性徴のときに短期間で急激に伸びます。

個人差はありますが、男性では大体13歳くらいといわれています。

13歳というとちょうど中学1年生です。

この第二次性徴では、1年間に男子は約10〜12㎝も身長が伸びます。

この身長増加のゴールデンタイムといえる成長スパートの時期を過ぎると、身長の伸び率は極端に減少します。

そのため、いかに中学生の時期に身長を伸ばせるかがその選手の最終的な身長を決定します。

中学野球選手の成長サポート商品

身長の伸びを最大化するにはバランスよい食事が重要です。

しかし、好き嫌いが多い選手がバランスよく毎日栄養摂取するのは難しいです。

また、親御さんが栄養管理された食事を1日3食作るのは至難です。


そんなときに重宝されるのが成長期サポートに特化したサプリメントです。

中学生のうち、短期間しかやってこない貴重な成長期スパートを逃さないためにも普段から使用している選手は非常に多いです。


今回、数ある成長期サポートに特化した商品の中から3つだけ厳選して簡単に紹介します。

1:ノビエース

ノビエースの概要

  • 初回料金
    2,138円
  • 2回目以降料金
    5,378円
  • 継続回数
    縛りなし
  • 味の種類
    ココア味

累計200万本以上販売されているのがノビエースです。


ノビエースの公式サイトはこちら

ノビエースの特徴

ノビエースの特徴を紹介します。

モリンガ配合

ノビエースには近年第注目のスパーフード、モリンガが配合されています。

モリンガはビタミン・ミネラル・カルシウム・アミノ酸など成長に必要不可欠な栄養素がバランスよく含まれています。

世界保健機関(WHO)が発展途上国に対する栄養失調プログラムで活用するほど栄養価の秀逸さが高く評価されています。

ソイプロテイン

体作りをするうえで絶対的に欠かせないのがたんぱく質です。

ノビエースには大豆由来のプロテイン(ソイプロテイン)が含まれています。


ソイプロテインは高カロリーになることなく、バランスよくたんぱく質を摂取することができます。

HMB配合

筋トレをしたあとに筋肉量増加を促進し、疲労回復をサポートしてくれるということでトレーニング愛好家の間で重要視されているのがHMBです。

HMBは必須アミノ酸の1つであるロイシンから作られる成分です。


ノビエースにはこのHMBが配合されています。

そのため、ただ単に成長期のサポートをするだけでなく、激しいトレーニングする中高生のスポーツ選手の健全な体作りにも最適です。

CaとMgのバランスが秀逸

体内で骨を形成するにはカルシウムとマグネシウムの比率が重要といわれています。

CaとMgの黄金比率

Ca:Mg=2:1

ノビエースでは沖縄サンゴを使用してカルシウムを摂取できます。

この沖縄サンゴにはドロマイドという物質が含まれ、カルシウムとマグネシウムの黄金比率を崩さずに摂取することができます。

トータルバランスに優れている

最大限成長期の発育を促すためには、あらゆる栄養素をバランスよく摂取する必要があります。


毎日牛乳を2L飲んだから身長が伸びるわけではありませんよね。


さきほどのCaとMgのバランスもそうですし、他にも栄養には重要要素がたくさんあります。

例えば、成長期のパワーを活発にする