【2022年最新版】野球選手が身につけるだけでおしゃれになるアイテム9選

この記事のまとめ

野球選手はアイテム・小物を使うことでおしゃれさを倍増することができます。この記事では野球選手のおしゃれ度アップに間違いなしのアイテムや小物を厳選して9つ紹介します。予算や好みに合わせて購入して野球をより楽しんでください。

おしゃれな野球アイテムを買いたいな

おしゃれとかっこよさ倍増のアイテムを厳選紹介するぞ

予算に合わせてアイテムをそろえよう

おしゃれな野球アイテム一覧

  • アームスリーブ
  • サングラス
  • バッティンググローブ
  • スポーツネックレス
  • リストバンド
  • ネックウォーマー
  • レッグガード
  • エルボーガード
  • ウェア

おしゃれ小物を選ぶときの注意点

アイテムを紹介する前に野球用品や小物を買うときの注意点を紹介します。

規定に違反しない

試合で使っていいユニホームや用具・小物には規定があります。

規定違反していると、その用具や小物を外さないと試合出場できません。

審判にも注意されていい気分ではなくなってしまうので、規定に違反していないか確認するようにしましょう。

今回、上記4団体の規定も紹介しますので参考にしてください。

色を使いすぎない

ファンションには3色ルールというものがあります。

さまざまな色を使うとガチャガチャして統一感もなくなり、ダサくみえてしまいます。

そのため、全身を3色に収めるというものです。

3色それぞれの役割

  1. ベース色
    コーディネートの根幹。遠くから見て一番認識できる色
  2. アソート色
    補助色。ベース色を補完するサポート的カラー
  3. アクセント
    ベースに変化を与えるインパクトカラー

野球ユニフォームではこの3色ルールを以下のように活用しましょう。

この3色割合の目安は以下の通りです。

3色の比率目安

ベース:アソート:アクセント=6:3:1

おおまかな目安だよ

ベース色アソート色

ユニフォームの胸ロゴやアンダーシャツの色がベースになります。

チームでユニフォーム・アンダーシャツの色は統一されているので、基本的に自分で選ぶことはできません。

そのため、自分のチームのベース・アソート(ユニフォーム)を基にアクセントを選んでいきます。

アクセント色

アクセント色に蛍光色・柄デザインなどを選んでおしゃれに決めましょう。

このとき、3色比率に気をつけてアクセントカラーの面積が広くなりすぎないようにしましょう。

アクセントカラーに合うアイテム

  • アームスリーブ
  • ネックウォーマー
  • バッティンググローブ
  • リストバンド

アクセントに合う野球アイテムはこのようなものがありますが、これらのアイテムが全部バラバラな配色にならないように意識しましょう。

遊んだ配色でも大丈夫

配色ルールについて紹介しましたが、野球選手のユニフォームは派手派手でも意外に大丈夫です。

アイテムもかなり目立つデザインのものが多いです。

例えば、ピンク色と蛍光色のド派手なバッティンググローブなどもありますが、打席に立っている選手を見ると違和感はありません。


むしろ、派手なデザインの方がおしゃれに見えたりします。

思い切ったデザインやカラーのアイテムをつけることをおすすめします。

チームの統一アイテムに注意

チームで統一しないといけないアイテムがあります。

これらのアイテムは勝手に自分でカラーやデザインを選んで着用することはできません。

チームで統一されているアイテム

  • アンダーシャツ
  • ベルト
  • 帽子
  • アンダーストッキング
  • ユニフォーム

MLB選手を参考にしよう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MLBPA(@mlb_players)がシェアした投稿

メジャーリーグを見るとけっこうおしゃれでかっこいいアイテムや小物をつけています。

おしゃれにこだわりたい選手はぜひMLB選手を参考にしましょう。

おしゃれなMLB選手

  • タティスJr.
  • フランシスコ・リンドーア
  • ロナルド・アクーニャJr.など

【必須編】野球選手のおしゃれアイテム5選

おしゃれな野球選手になりたい方は必ず用意しておきたい5大アイテムを紹介します。

1.アームスリーブ

アームスリーブを着用しているMLB選手です。片方だけにアームスリーブをつけると

だれでもとりいれやすいおしゃれアイテムの定番といえばアームスリーブです。

アームスリーブは社会人・大学・草野球の公式戦で使用可能です。

カラーはアンダーシャツと同色というきまりがあるのでその点は注意しましょう。

練習試合では問題ないので好みのデザインを使いましょう。

おしゃれポイント

半袖アンダーシャツでアームスリーブを片腕だけつけるとアシンメトリーでオシャレ