【2022年最新版】草野球選手に最適なバッティンググローブ7選

この記事のまとめ

草野球ではバッティンググローブのデザインに大会規定がないので自分の好きなデザインのアイテムを自由に選べます。今回、草野球選手に最適な草野球用バッティンググローブをデザイン性・機能性両面からみて秀逸なギアを超厳選して7つ紹介しています。

カッコいいバチグロないかなあ

最新のカッコいいバチグロを超厳選で紹介するぞ

草野球のバッティング手袋の大会規定

全日本軟式野球連盟が草野球におけるバッティンググローブ使用をこのように規定しています。

  • 商標表示:1ヶ所
  • 大きさ:14cm以下
  • カラー:規制なし
引用:公益財団法人全日本軟式野球連盟|保護具の商標表示等の規定一覧

カラー規定ないから安心だね

草野球ではバッティンググローブのカラー規定がないので自分が気に入ったアイテムを好きに使うことができます。

ポイント

草野球のバッティンググローブに細かい規定はない

バッティンググローブのメーカー一覧

バッティンググローブのメーカーを一通り紹介します。

メーカー一覧

  • MIZUNO
  • アディダス
  • アシックス
  • アンダーアーマー
  • 久保田スラッガー
  • ルイスビルスラッガー
  • SSK
  • SPIDERS
  • エボシールド
  • マルッチ
  • フランクリン
  • アシックス
  • ハイゴールド
  • ZETT
  • ディマリニ
  • ナイキ

これだけのメーカーの中から草野球選手向けの商品を紹介していきます。

【メーカー別】バッティンググローブの使用率

ぼくが所属している草野球チームのメーカー使用率を調べてみました。

その結果がこちらです。

草野球チームでどのメーカーのバッティンググローブを使用しているかその割合を独自調査しました。その結果はミズノ37%、アンダーアーマー18.5%、ルイスビルスラッガー14.8%、SSKが11.1%、久保田スラッガーが9.3%、ハイゴールド5.6%、SPIDERSが3.7%という結果でした。
ぼくが所属している草野球チームでのメーカー別でのバッティンググローブ使用率ランキングのトップ3がこちらです。1位はMIZUNO、2位はアンダーアーマー、3位はルイスビルスラッガーでした。

たくさんの選手が愛用しているということは商品の質もある程度保証されると思うので一つの参考にしてください。

おすすめバッティンググローブの選定基準

おすすめ商品の選定基準

  1. グリップ力
  2. 生地の厚み
  3. 洗濯の可否
  4. かっこいいか
  5. 大会で使用できるか

さきに今回のランキング選定の基準について簡単に説明します。

1.グリップ力

バッティンググローブを選ぶ際に最も重要な項目が使用時のフィット感です。

手にピッタリとなじむようにフィットするバッティンググローブの方がバットをしっかり握ることができ、スイングのパワーをより伝えやすくなります。

バッティングで自分のグリップ力をロスすることなく発揮できるかが重要です。

握力はバットとボールが衝突するインパクト時の衝撃力に対する腕の筋力やミートポイント、角度を作ることにおいて重要

野球選手のバットスイングと体力要素の関係|健康・スポーツ科学研究


フィット感を高めるには手のサイズに合ったバッティンググローブを選ぶことも大事ですが、素材にもこだわりましょう。

一般的に合成皮革のものよりも天然皮革の方がフィット感が高いとされています。

今回、バッティンググローブのフィット感をランキング選定の条件としました。

2.生地の厚さ

また、生地の厚さもバッティンググローブを購入するうえで見るべきポイントです。

バッティンググローブの生地が薄い場合、素手で近い感覚でスイングすることができるので、バットコントロールしやすいというメリットがあります。


逆に生地が厚いと、打撃時の衝撃を吸収しやすく、またデッドボールを受けたときに手を保護してくれるというメリットがありますが、素手に近い感覚で振ることはできません。

生地の厚さは好みが分かれるところではありますが、今回オールマイティーなバッティンググローブを選んでいます。

3.洗濯の可否

野球選手のみなさんご存知と思いますが、バッティンググローブは手に直接はめるものなので、汗などが染み込んで強烈な臭いが出てきます。

そのため、洗濯が出来るかどうかというのもバッティンググローブを選ぶ上で大事なポイントになります。


合成皮革の場合は洗濯が可能なものもありますが、天然皮革のものは水や熱に弱いため一般的な洗濯機での洗濯が出来ません。

そのため、クリーニング店などプロに頼む必要が出てくるというのがネックです。

今回、洗濯しやすいモデルをランキングに選定しています。

4.かっこいいか

デザイン性に優れたかっこいいアイテムをつけていると無性にやる気が出てきますよね。

草野球選手だからこそ使用できるかっこいいバッティンググローブを厳選しました。

5.大会規定に準じているか

前提条件として大会規定に準じていることアイテムを選んでいるので安心して参考にしていただければと思います。