中学野球のバッティングで伸び悩んでいる選手必見!中学生で必ず習得するべき打撃フォームの3つのツボ

この記事のまとめ

小学生のときは試合でそこそこ打てていたのに、中学野球になってからヒットが出なくなり、バッティングで伸び悩んでしまう選手はとても多いです。

この記事では、中学生でバッティング技術が向上しにくくなる根本的な原因について解説しています。

また、中学生のうちに必ず習得するべき打撃フォームのコツを3点紹介しています。

中学野球のバッティングで伸び悩みを打破してパフォーマンスアップにつなげるためには、正しいバッティングフォームを身につけることが重要です。


中学野球では、小学生のころよりパワーがついて力任せのスイングになりやすく、また急激な体の成長についていけず、自分自身の体を巧みに操作しきれなくなり、アンバランスな打撃フォームになってしまう選手が増えます。


今回、中学生のうちに必ず身につけておくべきバッティングフォームの型を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  1. 中学野球でバッティングで伸び悩む選手が多い理由
  2. 中学野球の選手が習得するべき打撃フォームのポイント
  3. 中学生に最適な打撃DVDの内容とメリット&デメリット
この記事の著者

芹田祐(セリタタスク)

理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。

保有資格
理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学)

中学野球でバッティング技術が伸び悩む原因

まずはじめに、なぜ中学野球でバッティング技術が伸び悩む選手が多いのか?

その原因について話していきます。

小学生で正しいバッティングフォームを習得できなかった

ゴールデンエイジ(9歳〜12歳ごろ)
新しい動きをマネしたり、基本的な技術習得に最適な時期

ポストゴールデンエイジ(13歳〜15歳)
ゴールデンエイジをすぎると、成長期に入って体格が大きくなり、心肺機能と筋肉が成長しやすくなる。動きに対する理解力が発達するため、競技の専門的な能力を深めるのに適している

一般的に小学校高学年くらいの時期はゴールデンエイジといわれ、運動スキルの習得に最適な時期といわれています。


ゴールデンエイジのすごいところはできるようになった動きは基本的に時間が経ってできなくなることはない点です。

できるようになった動きやフォームは自分の体と脳にインプットされてガッチリ定着します。

ゴールデンエイジという言葉はスキャモンの発育曲線で表現される神経系の発達が顕著にみられる年齢の頃であることが知られている。このゴールデンエイジの頃に学習した運動能力やスポーツのスキルは生涯忘れることがないと考えられている。

引用:乳幼児児童期における運動あそび指導の検討|國學院大學北海道短期大学部紀要

そのため、小学校高学年で正しい打撃指導を受けてそれを習得した選手は中学生になって体が大きくなり、パワーが徐々に備わることで打撃技術がどんどん向上していきます。


しかし、ゴールデンエイジで専門的な指導を受けられなかった選手は本来習得しておくべき打撃スイングをまだ身につけておらず、中学生になって伸び悩む可能性が高くなります。

このケースに該当する中学野球の選手はとても多いと思いますが、そうだからといってあきらめる必要はありません。


中学生からでも正しいバッティング技術を会得することは可能であり、そうすればのちのち劇的なパフォーマンスアップが期待できます。

他の子との体格差がなくなった

小学生のころは身長が頭一つ抜けている選手は他の子よりも体格に勝り、試合でも活躍しやすいです。


しかし、体格だけに頼ったプレーをしていた選手は中学生のころには他の子たちとの体格差が少なくなり、目立った成績を残せなくなることが多いです。


やはり、理想は小学生のうちに正しいバッティングフォームを習得して自分の体に覚えこませておくことが中学野球でパフォーマンスの頭打ちを防ぐための最善策です。


さきほどの繰り返しになってしますが、正しい打撃スイングを習得するのは中学生からでも遅くありません。


コツコツとバッティングドリルなどの動き作りを徹底して行えば、バッティングフォームを固めていくことができます。

クラムジーに陥っている

みなさんクラムジーという言葉は聞いたことがありますか?

クラムジーは英語で不器用とかどんくさいという意味です。


クラムジーは成長期の前後で動きがぎこちなくなり、スポーツのパフォーマンスが悪くなってしまう現象のことをいいます。


「少し前は野球がうまくて試合や練習で目立っていたのに、最近動きが重くて鈍くなった気がする。」

こんな選手はクラムジーの可能性があります。


クラムジーは急激な体の成長に脳がついていけず、筋肉への指令をうまく出せなくなることが原因とされています。

クラムジーの改善に特効薬はありません。


「急がば回れ」ではないですが、基本に立ち返ってじっくりと柔軟性の改善や打撃フォームの見直しをすることが大切です。

中学生で必ず身につけるべき打撃スイング

一般的に筋力やパワーが爆発的に伸び始めるのは高校生になってからといわれています。

個人差があるものの、身長や体重は男子で概ね14歳前後に増加率のピークを迎える。さらに思春期発育スパートにおける身長の最大の発育速度をPeak height velocity(PHV)と呼び,筋力とパワーはこのPHV後に最大成長に到達する。

引用:サッカー育成年代の身体組成と下肢多関節動作で発揮されるパワーおよびスプリント能力の発育・発達特性|体力科学

つまり、中学野球までに理想的な打撃フォームを固め、高校生になってから筋力トレーニングを積極的に行うことで1番効率よくパフォーマンスを上げることが可能になります。


しかし、中学生で正しい打撃フォームを習得できないまま、高校生になってしまうと筋力がついたとしても実際のバッティングでそのパワーが生かされることはありません。

こうなってしまうとますます技術が伸び悩み、同級生と比べてどんどんと技術の差が生まれしまうかもしれません。


中学野球のバッティング指導で大事なことは正しいバッティングフォームを習得して爆発的なパフォーマンス向上の土台作り(事前準備)をするということです。


これから具体的に中学野球の選手がチェックするべき打撃フォームのポイントを3つ紹介していきます。

インサイドアウト

まずはインサイドアウトです。

体の内側からバットが出ることでスイングスピードが上がり、飛距離も出やすくなります。

インサイドアウトのスイングをするための細かいポイントは以下の通りです。

ポイント
  • 正しいリストワーク
  • 打ち出しでの肘のたたみ
  • 下半身の回転力

手首を正しく使えていないとヘッドが下がり、スイング軌道もドアスイングになってボールに与える力が弱くなってしまいます。

そのため、正しいリストワークの練習を繰り返し行う必要があります。


また、肘のたたみも重要です。

ただ、構えの段階から肘を閉じてしまうとヘッドと体幹の回転軸が離れてしまい、スイングスピードが遅くなってしまいます。


打ち出しでスムーズに肘をたたむ動きを身につけるようにしましょう。

体全体を使った打撃スイング

飛距離を伸ばすためには腕だけに頼ったスイングではなく、体全体をバネのようにして大きく使う必要があります。</