【球界トレンド】プロ野球の育成契約とは?詳しい仕組みと「育成成り上がり選手」を紹介

スポンサーリンク
この記事のまとめ

最近のプロ野球ドラフトでは多くの育成選手が指名されます。育成選手は通常の支配下指名とは契約内容が大きく異なります。この記事では育成契約の仕組みと育成契約から1軍で活躍するサクセスストーリーを歩んだ選手を紹介しています。

育成契約って普通の契約と何が違うの?

ここ数年はプロ野球のドラフトで育成選手が指名されることが多くなりました。

例えば、2020年に巨人は合計12名もの選手を育成指名しました。


育成選手という言葉は聞きなれたかもしれませんが、育成契約が具体的にどのようなものかを知っている方は少ないと思います。

今回はプロ野球の育成契約について野球ファン初心者でも分かるように丁寧に解説していきます。

この記事でわかること
  • 育成契約の仕組み
  • 育成指名される選手の特徴
  • 育成からはい上がったプロ野球選手5名

育成契約とは

育成契約とはその名の通り「育成」をメインとした契約です。

育成選手制度は2005年に開始されて現在は多くの球団が育成契約を行っています。


育成契約は通常の支配下登録とは違うため、球団側は単純に契約選手を増やせるというメリットがあります。


もちろん選手側からしても通常のドラフトでは指名されない選手でも、プロ野球球団と契約を結べるので球団・選手ともにメリットがあります。


通常のドラフトは1位から各球団が指名を行って交渉権を獲得します。


育成契約はこの通常ドラフトが終了した後に行われていきます。

この際も通常のドラフトと同じように各球団が育成契約の1位から選手を指名していきます。

育成指名をしない球団もあるよ

スポンサーリンク

各球団の育成指名人数(2018〜2020)

2018年から2020年までの3年間でプロ野球12球団の育成指名選手数はこちらです。

201820192020合計
巨人421218
中日0134
阪神1214
横浜1023
広島1315
ヤクルト2046
ソフト47819
ロッテ1247
西武3159
楽天2417
日ハム1326
オリ18615
  • ソフトバンク 19名
  • 巨人     18名
  • オリックス  15名 

ソフトバンク・巨人・オリックスの順で多いです。

  • 横浜     3名
  • 中日     4名
  • 阪神     4名

一方、横浜は3名・中日・阪神は4名です。

球団の方針によって指名選手の数に大きな差があります。

育成指名から球団方針がみえるよ

スポンサーリンク

育成契約になる選手の特徴

育成指名される選手の特徴
  1. ドラフト時点で実力が足りない選手
  2. けがをしている選手
  3. ポジション変更して使ってみたい選手

ドラフトで育成指名される選手には3つの特徴があります。

ドラフト時点で実力が足りない選手

野球選手の才能が開花する時期はさまざまです。

高校卒業からすぐに活躍する選手もいる一方で30歳を超えてから活躍する選手もいます。


ドラフト時点では即戦力でなくても、プロの恵まれた環境で数年練習したら良い選手になれる「素材型」の選手はたくさんいます。


育成契約は将来を見越しての契約方法といっていいでしょう。

光る才能がないと育成指名されないよ

2.けがをしている選手

  • ドラフト時点で大きなケガがある選手
  • 長い期間ケガをしていて実践から離れている選手
  • 大きなケガをして長期離脱になる支配下選手

このような選手はケガが完治するかわからないというデメリットがあります。

また、そういった選手を獲得しても、すぐに起用することは不可能です。

じっくり治して数年後の活躍を期待!!

そのため1~2年ほど様子を見るために育成契約をするというパターンがあります。

また、最近はケガをした支配下選手が育成選手として再契約するケースも増えています。

3.今までと別のポジションで使ってみたい選手

  • 学生時代は投手だったけど、野手として獲得したい
  • ピッチャーとしては大けがをして厳しいけど身体能力を買って野手として育ててみたい

このような選手にも育成契約が打診されることが多いです。

投手から野手にコンバートされて大活躍をした選手は意外と多いです。

そういった可能性を秘めている選手を獲得できるのは育成契約のメリットといえるでしょう。

支配下登録とは

支配下登録とはプロ野球球団と選手の間で独占的に契約を結べる状態であることをいいます。

通常のドラフトで指名された選手は支配下登録されますが、育成契約とは待遇が異なります。

通常指名=支配下登録

例えば、支配下登録をされないと1軍で試合に出れません。

そのため育成契約選手は支配下登録をされることを目指して実績を重ねていきます。

育成選手と支配下選手の違い

育成契約の特徴
  1. 背番号が3桁
  2. 一軍の試合に出場不可
  3. 契約期間は最長3年
  4. 二軍で試合に出られる人数が固定
  5. 人的補償の対象外

支配下選手と比べて育成契約だけにある特徴はこの5つです。

1.背番号が3桁

背番号の違い
  • 支配下登録選手
    1桁or2桁
  • 育成選手
    3桁

支配下登録選手は背番号が2桁以下で育成選手は3桁と決まっています。

2軍の試合で背番号3桁の選手がいれば、育成選手と判断ができます。


しかし、1点注意点があります。

コーチは2桁でも3桁でも背番号登録ができます。

背番号3桁の選手全員が育成選手というわけではないので注意しましょう。

2.一軍の試合に出られない

全てのプロ野球選手の目標は1軍の試合に出場して活躍することでしょう。

しかし、育成選手はあくまで