【2021年版】中日ドラゴンズの試合中継をインターネットで快適に無料で見る方法オススメ3選

この記事のまとめ

中日ドラゴンズの試合を地上波以外にネット中継でも見ることができます。この記事では数あるネット中継サービスの中からコスパよく快適に中日戦を見るおすすめの方法3つを徹底比較して最中的にベスト3を発表しています。

ネットで中日戦を見るにはどうすればいいの?

10個の中継サービスからベスト3を発表するよ

はスマホ・パソコンで手軽に中日戦を見たいという方は多いのではないでしょうか?最近はネット中継が増えていて中日戦を見ることができるのは知っているけどどのサービスが1番いいのか分からないと悩んでいる方もいるはずです。

この記事ではインターネットネットで中日戦を見られる10個のサービスを挙げます。そして、その中から格安で快適に中日戦を見ることができるおすすめの方法を3つ詳しく紹介していきます。

中日戦インターネットで見られる中継サービスをランキングにしましたが、その先手基準がこちらです。まず1つ目が見られる試合数です。たとえ、無料だとしても年間数試合しか見られないければ意味がないので。中継数が多いサービスをランキングに入れました。2つ目は登録の手軽さです。登録が煩雑だったり、条件があると利用開始までに時間とお金がかかってしまいます。そのため、ランキングでは利用開始までの登録のしやすさを指標にしています。3つ目は使いやすさです。インターネットで中日戦を見るのであれば、高い利便性が求められると思います。そのため、使いやすいサービスかどうかを選定基準にしています。

【一覧】インターネットで中日ドラゴンズの試合中継を見る方法

たくさんあるけどどれがいいんだろう

オススメしない中日戦の試合中継ネットサービス

数ある中日戦の試合中継サービスの中で以下の3タイプはオススメしません。

  • セリーグ特定チームの中継サービス
  • パリーグ専門サービス
  • Youtube

1つずつ理由を解説するよ

セリーグ特定チームの中継サービス

  • Paravi
    (
    ベイスターズ専用)
  • 虎テレ
    (
    タイガース専用)
  • ニコニコプロ野球チャンネル
    (
    ベイスターズ専用)
  • Hulu
    (
    巨人専用)

こちらの4サービスはインターネットでセリーグの特定球団に特化した試合中継サービスです。

例えば、虎テレはタイガースの球団公式サービスでタイガースの主催試合を中継しています。


そのため、中日戦を見られるのが

タイガースvsドラゴンズ
※タイガースのホームゲームのみ

このような数少ない条件でしか中日戦をみることができません。

そのため、中日ドラゴンズの試合中継をしっかり見たい方にはおすすめできません。

パリーグ専門サービス

  • パリーグTV
  • パリーグSpecial
  • ベースボールLIVE

この3サービスはインターネットでパリーグ6球団の主催試合を中継しているサービスです。

格安で試合を見られるので、パ・リーグファンには理想的なコンテンツです。


しかし、中日ファンにはおすすめしません。

というのも、この3サービスで中日戦を見られるのは主にパ・リーグチームと試合をする交流戦のときだけだからです。

さらに、交流戦でもドラゴンズ主催の交流戦は試合中継されていません。


年間10試合ほどしか中日戦を見られないので選ばないようにしましょう。

Youtube

無料のプロ野球中継といえばYouTubeかもしれません。しかし、YouTubeのプロ野球中継はリスクが高いです。

画質が悪い

まず、YouTubeは動画配信サービスとは違って画質が悪く、とくに個人アップロードの動画は低品質なことが多いです。

中日戦を見られるのはごくまれ

YouTubeで中日戦を見られるのはまれです。そのため、腰を据えて応援したい方にはおすすめしません。

【頻発】放送途中でチャンネル削除される

無断アップロードだと視聴中にチャンネル削除されることがほとんどなので快適に中日戦をみることはできません。

【注意】無断アップロードは違法

著作権侵害の問題ほか、閲覧することに伴って利用者側に被害が発生する可能性もあります。例えば、「ウィルスに感染しています」というポップアップが表示され、それをクリックした結果、アプリがダウンロードされ、ウィルスに感染したり、ウィルスの駆除代金を請求されたりするなどの手口が確認されています。

引用:政府公用オンライン

国の機関でもこのような忠告がされています。球団公式で試合をアップロードしていればいいのですが、個人が勝手にアップロードしている動画は視聴しない方が賢明です。

インターネットで中日戦を見る方法オススメ3選

JSPORTSDAZNスカパー
中継数
料金1,980円1,925円4,483円
無料期間×30日間14日間
デバイススマホ
パソコン
テレビ
スマホ
パソコン
テレビ
スマホ
パソコン
テレビ
同時視聴1台まで2台まで1台のみ
登録条件
オススメ度★★☆☆☆★★★★★★★★☆☆
  • JSPORTSオンデマンド
  • DAZN
  • スカパー!プロ野球セット

この3つを詳しく解説していくよ

DAZN

DAZN

DAZNとは野球だけでなく、サッカー・テニスなど合計130以上のスポーツコンテンツがインターネットで見放題のサービスです。


プロ野球では広島カープ以外の合計11球団の公式戦の試合中継をしているのが大きな特徴です。

11球団の試合中継をしているので対戦相手という形を含めるとほぼ全試合のドラゴンズ戦を楽しむことができます。


しかし、DAZNにはカープ戦主催試合の中継がありません。

カープvsドラゴンズ
カープの主催試合

この対戦カードは見ることができません。


DAZNの料金は月額1,925円です。このあと紹介するJSPORTS・スカパー!プロ野球セットと比較すると分かりますが、DAZNの1,925円はかなりコスパがいいです。

さらに、DAZNでは1人の契約で最大4台の機器を登録することができます。

DAZNのデバイス登録例
  1. お父さんのスマホ
  2. 自宅のパソコン
  3. 長男のスマホ
  4. 次男のスマホ

スポーツ好き一家であれば、1アカウントで複数登録できるのは大きなメリットです。

(同時視聴は2名まで)


さらに、DAZNには無料期間が30日間ありますまず、1ヶ月利用してみてサービスが不要であれば解約しましょう。

無料期間内であれば、一切お金をかけずに中日戦をみることができて途中解約しても違約金はかかりません。

DAZNは30日間無料!途中解約も60秒で簡単完了

JSPORTSオンデマンド

JSPORTSのプロ野球試合中継
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

JSPORTSオンデマンドは上記プロ野球5球団の主催試合をインターネット中継しています。

中日ドラゴンズも対象になっているのでホームゲームは全試合見られます。


しかし、中日がビジターのときは

  • カープ
  • ベイスターズ
  • オリックス
  • イーグルス

この4球団が対戦相手のときしか見ることができません。

そのため、さきほどのDAZNに比べると視聴可能な中日戦の試合数が少なくなります。

その一方、JSPORTSでは社会人の都市対抗野球や秋季高校野球の地区大会(一部)などプロ野球以外の中継も見ることができます。

他にJSPORTSの特徴はないの?

JSPORTSの魅力は割引制度です。

JSPORTSの基本的な料金は月額¥1,980ですが、25際以下の方はU25割というキャンペーンを利用できます。

このU25割だと月額¥990という破格の安さでJSPORTSを見ることができます。


全試合見なくてもいいけど、25歳以下でとにかく安く中日戦をみたいという方におすすめです。


JSPORTSはU25割がお得

スカパー!プロ野球セット

スカパーのプロ野球セットは12個のCSチャンネルが見放題のサービスです。

この12チャンネルを駆使することでプロ野球全12球団の試合中継をインターネットで見ることができます。

スカパーのプロ野球セットは試合中継の配信サービスで網羅率No1です。

また、プロ野球だけでなく、以下のような野球中継&関連番組を思う存分楽しむことができます。

視聴可能チャンネル
  • メジャーリーグ中継(JSPORTS)
  • 全日本大学野球選手権(JSPORTS)
  • 都市対抗野球(JSPORTS)
  • 侍ジャパン特集(JSPORTS)
  • 明治神宮野球大会(スカイA)
  • 虎オタ(スカイA)
  • 少年野球全国大会(GAORA)
  • 高校野球甲子園の抽選会(GAORA)
  • 巨人練習中「直生」(日テレジータス)
  • プロ野球ここだけの話(フジテレビONE)

都市対抗野球侍ジャパン特集、秋の高校・大学日本一を決める明治神宮野球大会などとにかく野球コンテンツが豊富です。

料金は月額4,054円と他のサービスに比べて高額ですが、コンテンツ量は圧倒的です。

「プロ野球ここだけの話」はおもしろいよ

ちなみに、スカパープロ野球セットの12チャンネルを個別契約すると合計で月額21,523円になります。

月額21,523円相当のサービスが月額4,054円で利用できて中日戦も全試合見られると思うとお買い得です。


さらに、スカパー!プロ野球セットでは野球だけでなくバラエティ番組やアニメまで見られます。

個人的におすすめの番組も軽く紹介しておきます。

野球以外の番組(一例)
  • ゴルフレッスン番組(スカイA)
  • ドラえもん(テレ朝チャンネル2)
  • クレヨンしんちゃん(テレ朝チャンネル2)
  • ザ・ベストテン(TBSチャンネル)
  • ゲームセンターCX(フジテレビONE)
  • フジテレビ名作ドラマ(フジテレビTWO)

ドラゴンズ戦だけでなく、あらゆるカテゴリーの野球の試合やゴルフ・アニメなどの野球以外の動画配信を楽しみたい方におすすめです。


1つ難点としてスカパーを見るにはBS/110度CS対応アンテナが設置されている必要があります。

もし、お住いの自宅にこのアンテナがない場合は設置工事費として10,000円以上かかるみたいなので注意が必要です。


スカパーはプロ野球12球団の試合中継OK

インターネットで中日戦を見る方法オススメランキング

最後にインターネットで中日戦を見る方法をランキングにしてまとめます。

ランキング判定基準

その前にランキングの選定基準を簡単に説明しておきます。

1:見られる試合数

いくら無料でも「見られるのが年間数試合だけ」だと残念です。インターネットで中日戦をたくさん見られるかを基準にしています。

2:登録の手軽さ

登録のお手軽さも重要です。簡単にサービスを利用できるかを判定基準にいれています。

3.使いやすさ

3つ目は使いやすさです。インターネットで利用するには利便性も重要なのでランキングの判定基準にしました。

1位:DAZN

DAZN

安定したコスパを持つDAZNが1位です。


まず、DAZNではほぼ全試合の中日戦を見ることができます。

また、DAZNではスカパーのような専用アンテナは不要でネットやスマホから簡単に利用申し込みができます。

さらに、DAZN・JSPORTS・スカパーの中で唯一、1アカウントで4デバイス登録できて同時視聴も2台まで可能です。

1契約で家族みんながスポーツ中継を楽しめるのは大きなメリットです。インターネットの利用頻度が高い家庭で重宝されるはずです。


DAZNは無料期間も30日間と業界最長です(JSPORTS=なし、スカパー=14日間)。

契約してみてサービスを案外使わなかったという場合は途中で解約してしまいましょう。

無料視聴期間中に退会することはできますか?

いつでもオンラインからすぐに退会することができます。もちろん無料です。 なお、マイ・アカウントの「利用を再開する」より、いつでもご視聴の再開が可能です。そして、いつでも退会可能。

引用:DAZN公式サイトよくあるご質問

DAZN公式サイトにもこのように明記されているの安心です。

DAZNは30日間無料!途中解約も60秒で簡単完了

  • ほぼ全試合の中日戦を視聴可能
  • 無料期間が最長
  • 料金が最安値
  • 2台同時視聴可能
  • 登録簡単
  • カープvsドラゴンズを見られない
    (ドラゴンズがホーム試合はOK)

2位:JSPORTS

2位はJSPORTSオンデマンドです。


JSPORTS最大の魅力はU25割です。

25歳以下の方は月額990円で中日戦をインターネットで楽しむことができます。

ただし、放送しているのが中日以外の4球団(うち2球団はパ・リーグ)の主催試合だけなので、視聴可能な試合数はDAZN・スカパーに劣ります。

また、無料期間がないので、とりあえず軽い気持ちで利用することができないのもデメリットです。


25歳以下の方で「中日戦をそこそこ見られればいい」という方には向いていると思います。


JSPORTSはU25割がお得

  • 25歳以下は格安
  • 登録簡単
  • 試合中継数が少ない
  • 無料で見られない

3位:スカパー!プロ野球セット

3位はスカパーのプロ野球セットです。


プロ野球セット最大の強みはインターネットでプロ野球全12球団の試合中継をしていることです。

スカパーは唯一、中日戦を全試合応援することができます。


プロ野球セットのデメリットは専用アンテナが必要な点です。もし設備がなければ、工事が必要になります。

DAZNと比較したときにドラゴンズ戦の中継数に大きな差があれば、工事までするメリットがあると思います。

しかし、DAZNではプロ野球11球団のインターネット中継をしているのでそこまで大差はありません。

そのため、スカパーで契約する意義は高くありません。


月額料金もDAZN(月額1,925円)と比べるとスカパー(月額4,483円)の方が高くてコスト面もよくありません。

DAZNとスカパー!プロ野球セットの費用を比較するとこのようになります。

4,483円-1,925円=2,558円(月額)
2,558円(月額)×12=30,696(年間)

年間で30,696円も支出に差が出てしまいます。


ただ、スカパー!プロ野球セットはプロ野球以外にも野球コンテンツの量が極めて豊富です。

中日だけでなく、野球全般が大好きという方にはありだと思います。

スカパーはプロ野球12球団の試合中継OK

  • ドラゴンズ戦を全試合視聴可能
  • プロ野球以外の野球コンテンツが豊富
  • 専用アンテナが必要
  • アンテナがない場合は工事費必要
  • 月額料金が高い
  • 同時視聴は1台のみ

ネットで気軽に中日戦を楽しもう

今回、インターネットで中日戦を楽しむ方法を紹介しました。

結論としては1番のおすすめはDAZNです。ドラゴンズ戦を年間通してほぼ全試合見ることができます。次点としてJSPORTSオンデマンドとスカパー!プロ野球セットが挙がります。しかし、JSPORTSはDAZNに比べると見られる試合数が減ってしまうので満足度が若干下がってしまいます。また、スカパー!プロ野球セットは中日戦を確実に見られる一方、料金がDAZNの2倍近くかかってしまうのが難点です。

コスパよく中日戦を見たいかたはDAZNを選ぶようにしましょう。

少年野球上達DVDランキング

野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。