【実食レビュー】スクスクダイズは本当においしいのか?感想と口コミのまとめ

この記事のまとめ

小さなお子さんがおいしく栄養摂取できるということで人気なのがスクスクダイズです。今回、スクスクダイズを5種類の食品にかけて食べてみた実食レポートをしています。その上でスクスクダイズのメリットとデメリットについてもまとめているので、ぜひ購入するか否かの判断材料にしてください。

小さな子供から大人まで幅広い年齢層の栄養サポートに最適といわれているのがスクスクダイズです。

今回、実際にスクスクダイズを実食してみたので、購入しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • スクスクダイズの特徴
  • 実食してみたリアルな口コミ
  • スクスクダイズに合う食品
  • 子供でもおいしく食べられるのか
  • スクスクダイズのメリット

本記事はPR記事です

スクスクダイズとは

スクスクダイズはアストリションという会社から販売されている商品です。

スクスクダイズの公式サイトはこちら


アストリションは管理栄養士の方が代表をされています。

管理栄養士の専門的な視点から子どもの健やかな体作りをサポートしている会社です。

スクスクダイズはSNSでも評判がよく、好き嫌いが多いお子さんでも食べることができた!という投稿が見られます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.mam(@ruuu.02_lve)がシェアした投稿

成長期にはジュニアプロテインがおすすめ

アストリションでは中高生の成長期をサポートする専用プロテインも販売しています。

もし、お子さんが小学校高学年〜中学生くらいで効率よく成長期の発育を促したいという方にはプロテインがおすすめです。


アストリションのジュニアプロテインについても実際に飲んでみた感想を記事にしてまとめています。

気になる方はそちらも合わせてご覧ください。



【実飲報告】アストリションを実際に飲んでみたリアルな口コミ

スクスクダイズの特徴

スクスクダイズの特徴

  • 国産大豆のタンパク質配合
  • アレンジしやすいきな粉味
  • お魚カルシウムが豊富
  • 全18種類の国産雑穀配合
  • 人工甘味料不使用

1つずつ簡単に説明します。

1.国産大豆のタンパク質配合

スクスクダイズ最大の特徴は国産大豆のタンパク質を摂取できる点です。

原料には栄養価が高い福井県産の里のほほえみを使用しています。

里のほほえみは長年の研究によって生み出された貴重な品種です。

「里のほほえみ」は、東北農業試験場作物開発部大豆育種研究室が大粒良質の品種育成を目標に1996年から人工交配を開始し、以後、選抜・固定を繰り返して2009年に育成した品種である。

引用:倒伏に強く大粒良質で高蛋白なダイズ新品種「里のほほえみ」の育成|東北農研研報

開発に約13年もかけて完成したそうです。


里のほほえみは他品種と比較しても高タンパク質です。

タンパク質含量をみてみると、里のほほえみは約46%、他品種は約39%で里のほほえみが高品質であることがよくわかります。

2.アレンジしやすいきな粉味

スクスクダイズはきな粉味です。

味が濃すぎたり、クセが強いことがないのでどの料理にも合わせやすいのが特徴です。


記事後半でスクスクダイズを色々な食べ物に混ぜて食べてみた感想をまとめていますので、そちらもぜひ参考にしてください。

スクスクダイズ実食レポートの内容

  1. トースト
  2. ヨーグルト
  3. チーズ
  4. 味噌汁
  5. 牛乳

スクスクダイズの実食レポはこちら


3.お魚カルシウムが豊富

スクスクダイズには魚由来のカルシウムが配合されています。

子供が1番不足しやすいといわれているカルシウムを簡単に摂取できることができます。

牛乳・チーズなどの乳製品が苦手なお子さんは多いと思いますが、カルシウム摂取の強い味方になるかもしれません。

4.全18種類の国産雑穀配合

スクスクダイズには18種類の国産雑穀が配合されています。

さらに、必須ミネラルの1種で免疫力向上に効果があるといわれている亜鉛酵母までバランスよく配合されています。

こちらがスクスクダイズに入っている雑穀一覧です。

これだけたくさんの栄養素を1度にまとめて摂取できます。

5.人工甘味料不使用

スクスクダイズは人工甘味料を使っていません。