【2022年完全版】少年野球低学年におすすめバット厳選5本

この記事のまとめ

我が子が野球を始めたので、バットを買ってあげたいけどどれを買えばいいか悩んでいる親御さんは多いと思います。この記事では、小学生低学年の選手に絞って適切なバットの選び方と数ある少年野球用バットの中からおすすめの厳選5本を紹介しています。

低学年のバット選びってどうするの?

バット選びの秘訣を紹介するぞ

小学生のお子さんが野球を始めるとマイバットを購入してあげたくなりますよね。

少年野球用のバットは各社メーカーから色んな商品が販売されています。同じ少年野球用といってもバットの長さ・重さ・ウェイトバランスは様々です。

選手の年齢や体格にあったものを選ばないと、悪い打撃フォームがクセになるだけでなく、体に過度な負担がかかる危険性があります。

今回、小学生低学年向けに絶対に失敗しない選び方とおすすめのバットをランキング形式にしてベスト5を紹介します。

この記事で分かること

  • バットの長さの目安
  • バットの重さの目安
  • 重いバットの弊害
  • ビヨンドマックス非推奨の理由
  • 低学年に最適なバット5選

【大前提】少年野球で使えるバット

まず、少年野球の大会ではバットにJSBBマークと少年軟式用マークが刻印されているものしか使用できません。

この2つのマークがついていないバットは大会で使用することはできません。

スポーツ用品店に行くと少年野球用コーナーがあると思いますが、大体2つのマークが印字されています。

そのため、購入時にそこまで心配する必要はありません。

少年野球対応のバットについて

  • JSBB・少年軟式用と刻印
  • 少年野球用を購入すれば問題なし

※まれにローカルルールで少年野球用バットの中でも使用不可の商品もあります。

ビヨンドマックスは禁止?

打球がよく飛ぶことで有名なビヨンドマックス・カタリストなどの複合バットは一時期、少年野球の公式戦で使用不可になることがありました。

複合バットとは

芯の部分がウレタンなど他の部分とは別素材で作られているバットのこと

現在は規制が緩和されていて基本的には少年野球の大会でも使用できます。


しかし、後述しますが小学校低学年の選手にビヨンドマックスはおすすめしません。

小学校4年生以降ぐらいから購入を検討するようにしましょう。


小学校低学年でビヨンドマックスをやめた方がいい理由はこちら

バットの長さの目安

バットは何cmくらいがいいの?

スポーツ用品店の数値を参考にしてみよう

小学生年代別でのバットの長さ目安はこのようにいわれています。

バット長さ身長参考学年
64〜68cm110〜120cm1〜2年生
70〜74cm135〜145cm2〜3年生
75〜76cm135〜145cm3〜4年生
78cm140〜155cm4〜5年生
80〜81cm155〜160cm6年生
引用:二協社スポーツプラザ|バットの選び方


別のスポーツ用品店ではこのように記載されています。

バット長さ参考学年
〜65cm1〜2年生
65〜70cm1〜3年生
68〜75cm2〜4年生
72〜78cm3〜5年生
78〜82cm5.6年生
引用:野球用品スワロースポーツ



バットが長くなるほど、扱うのは難しくなるので、低学年では短めのバットが推奨されていることが分かります。

この2つのスポーツ用品店の資料を参考に小学生低学年の目安を出すとこのくらいになります。

小学生低学年のバット長さの目安

  • 小1 64cm〜68cm程度
  • 小2 64cm〜70cm程度
  • 小3 68cm〜75cm程度

少年野球低学年に軽量バットをおすすめする理由

小学校低学年の選手には軽量モデルのバットを強く推奨する理由を解説していきます。

重たいバットの弊害

重たくて長いバットほど振り切ることができれば打球が飛びやすくなります。

しかし、パワーが未熟な小学生低学年で重たいバットを自由自在に操作できる選手はほぼいません。


小学生野球選手が重たいバットでスイングしたときの動作解析をした研究ではこのような結果が出ています。

①インパクト付近でバットヘッドの速度低下

②バットヘッドの走りが減少

③インパクトからインパクト後にヘッドが下がる

④肩の開きが早くなる

⑤体幹・腰にかかる負担が大きい

引用:小学生野球選手における異なる形状のバットを用いた素振り動作のキネマティクス研究|金沢星稜大学人間科学研究

見てもらうと分かる通り、ヘッドの走りが悪くなって開きが早くなるなど悪い打撃フォームが身に付いてしまう危険性があります。


それだけでなく、体幹・腰にかかる負担が大きくなることも明らかになっていてケガ予防の観点からもジュニア期の選手に重いバットはおすすめしません。

スイングスピード向上が大切

打撃パフォーマンスを高めるためにはヘッドスピードの向上が最重要です。

打撃動作においてインパクト時に強く握り込むことによって、ボールに負けないようにする意識は必要のないものであり、それよりもヘッドスピードそのものを高めることが必要

引用:野球のバッティングパフォーマンスを高めるためのスイング動作習得法|スポーツパフォーマンス研究

しかし、さきほどの論文で紹介したように、重たいバットではスイングスピードが遅くなり、ヘッドの走りも悪くなってしまいます。

試合でいい結果を残すためにも普段