【不安解消】プロ野球観戦は初心者でも本当に楽しめるのか?確実に楽しむための簡単ポイントを紹介

スポンサーリンク
この記事のまとめ

野球観戦初心者でもしっかりその日を楽しむことはできます。この記事ではプロ野球観戦の初心者がより確実に楽しむためのポイントを紹介しています。

野球観戦初心者

野球観戦したことがないけど楽しめるのかなあ。

野球観戦初心者の方はいざ球場に行くとなると本当に楽しめるか不安になりますよね。

結論から言うと野球観戦が初めての方でも全く問題なく楽しむことができます。

この記事ではより確実に野球観戦初心者が楽しむ方法を紹介しています。


プロ野球観戦したことがない方はこの記事の内容を参考にして当日をエンジョイしてください。

野球観戦初心者は不安になりがち

誰でも初めてのことをするときは不安になりますよね。 

野球観戦も例外ではなく、1回目の野球観戦は緊張するものです。


私が初めて野球観戦をしたのは東京ドームの2軍戦でしたが、「全てが未知の世界」で右も左もわからなかったです。


しかし、試合が終わったときには高揚感と充実感で満たされて

「行ってよかったなあ!!」

と思えました。

野球に詳しくないと試合を楽しめないのか?

元野球部じゃないからルールも分からないけど大丈夫かな?

野球のルールに詳しくなくても大丈夫です。

最低限、以下のルールだけ覚えておけばOKです。

  • 3アウトで攻守交代
  • 9回終了時に得点が多いチームが勝利
  • フライはとった時点でアウト
  • ランナーがホームベースを踏めば1点
  • ホームランは1点


ルールを知っていることに越したことはありませんが、野球観戦には楽しむ要素がたくさんあります。

野球観戦の楽しみ方
  • 試合前のバッティング練習
  • 試合開始直前のイベント
  • 迫力ある試合展開
  • マスコットのパフォーマンス
  • 試合後の勝利演出
  • ヒーローインタビュー
  • グッズショップ
  • 球場グルメを堪能
  • アルコールを飲みながら観戦 など

野球を見るだけが楽しみじゃないよ

細かいルールを知らない野球観戦初心者でも全く問題ありません。


下の記事では野球観戦の楽しみ方を動画付きで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。


友達に誘われて野球観戦に行くけどあまり乗り気じゃないわ

こんな女性はこちらの記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

誰かと一緒に行けば安心

野球観戦の初心者におすすめするのは友人や家族などを誘って一緒に行くことです。

2人以上で行くことで不安は軽減しますし、試合の感動を共有することで楽しさが倍増します。

可能であれば野球経験者と行こう

やはり、野球経験がある人は観戦中の視点が鋭いものです。

このバッターは外野に狙って打つよ

この投手は球速は遅いけど、タイミングをうまく外している

次は1球ボールを投げて様子をみるよ

こんな感じで野球未経験の方には判断できないことを教えてくれます。

野球経験者と一緒に行くと深い視点で野球を楽しむことができます。

野球観戦の経験者と一緒に行くのもOK

周りに野球観戦の経験者がいれば、ぜひ誘って一緒にいきましょう。

「0と1の差」はかなり大きいです。

というのも球場は広くて観戦者がたくさんいるので戸惑うことが多いです。

初心者が戸惑う例
  • 入場ゲートがどこか分からない
  • 座席が見つからない
  • 食事を買いに行くタイミング

1度でも野球場に行ったことがある人は、混雑する球場内でもスムーズに行動できます。

野球経験者と一緒に行けば、バタバタすることなく、落ち着いてゆったりと野球観戦を楽しむことができます。

初心者どうしでも大丈夫

初心者どうしではダメなの?

初心者どうしでいくのもありです。

むしろ、野球観戦の初心者どうしでいくからこそ得られるものもあります。

初心者どうしで行くメリット
  • 一人で行くよりも安心
  • 一緒にドキドキしながら楽しめる
  • 見下されることがない
  • 思い出に残りやすい

初心者どうしだと二人ともよくわからないので、ドキドキ感を共有することができます。


また、野球経験者と一緒に行くと野球の専門的な話を延々とされてげんなりするかもしれません。


初心者同士だとその心配はなく、同じ目線でマイペースに野球観戦を楽しむことができます。

そして、何より野球観戦の初心者どうしでいけば、何年たっても思い出として残りやすいのではなないでしょうか。

スポンサーリンク

野球観戦初心者が1人でいっても大丈夫

団体行動が苦手だから1人で行きたいんだけどなあ

先ほど説明したように経験者がいれば、バタバタすることなく野球観戦を楽しむことができます。

しかし、野球観戦初心者の方が1人で行ってもなんら問題ありません。


その理由と1人で野球観戦に行くメリットを紹介します。

難しいことは1つもない

野球観戦に行くこと自体は難しいことではありません。

初心者が1人で行くと、多少時間がかかったりするかもしれません。

しかし、「結局試合を見れなかった」ということにはならないので安心してください。


野球観戦の初心者が1人で行くときの注意ポイント5選は記事の最後で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

野球観戦の初心者が注意するポイント5選はこちら

わからないことは球場スタッフに聞けばOK

球場内にはたくさんの球場スタッフや警備員の方が巡回しています。


もし、分からないことがあれば、聞いてしまいましょう。

  • 現在地から1番近いトイレの行き方
  • グッズ販売しているお店の場所
  • 最寄駅への行き方

球場は広いから迷子に注意!!

初心者が球場内で困りやすいことにも対応してくれますよ。

1人だと自由に行動できる

当然ですが、1人で行けば自分のペースで行動できます。

例えば、試合中に小腹がすいてグルメが欲しくなったとします。

友達と一緒だと、他の人が試合に集中していると誘うタイミングに気を使いますよね。


1人であれば、自分の好きなタイミングで席を外して食べ物や飲み物を買いにいけます。


また、プロ野球は1試合平均3時間の長丁場になります。

野球観戦の初心者の方は試合の途中で飽きてしまう可能性もあります。

1人でいけば、もし飽きたとしまっても、他の人の様子を気にすることなく、試合途中で帰ることができます。

仕事終わりに気軽に観戦できる

1人で行けば、友達と待ち合わせする必要もありません。

仕事終わりで気が向いたときにふらっと行けるのが大きなメリットです。


試合途中から1人で野球観戦に来るサラリーマンの方はたくさんいますよ。

初心者が野球観戦にいくときの注意点

  1. あせらずに入場ゲートを探す
  2. あせらずに座席を見つける
  3. 観戦中は暗黙のルールを守る
  4. チケットをなくさない
  5. 試合開始前に到着する

初心者が気をつけたいポイント!!

もし、野球観戦初心者の方が1人で行く場合はこの5点に気をつけるようにしましょう。

1つずつ解説します。

あせらずに入場ゲートを探す

入場チケットにはゲートの番号がかかれています。

チケットに書かれたゲート番号と同じ入場口からでないと中に入ることはできません。

上の写真は東京ドームの入場ゲート図です。

球場の周りに数字が書いてありますが、これが入場ゲートです。


自分のチケットに書いてる数字と同じ入場ゲートを探して球場内に入りましょう。

あせらずに座席を見つける

球場内は広くて自分の座席を探すのに一苦労します。

ただ、映画館のように座席に番号が振ってあるのであわてずに自分の席を探しましょう。


球場内に入ってすぐにグッズショップやグルメを見るのではなく、まず先に座席位置を確認することをおすすめします。

観戦中は暗黙のルールを守る

野球観戦には暗黙のルールが存在します。

知らずにそのルールを破ってしまうと、他のお客さんの迷惑になる可能性があります。


野球観戦の初心者がしがちなマナー違反10選を下の記事で解説しているので、そちらの内容もぜひ参考にしてください。

チケットをなくさない

野球観戦の初心者はチケットをなくすという失敗をしがちです。

野球場では、通路などで係員にチケットを見せなければいけない場合があります。


トイレやグッズショップは基本的に通路を通っていくので、チケットをなくしてしまうと再入場するのが大変です。

野球観戦の初心者の方は絶対にチケットを持ち歩くことを忘れないでください。

試合開始時間より早く到着する

これまで話したように、初心者が1人で球場に行くとバタバタすることがあります。


そのため、試合開始時間より早く球場に到着するようにしましょう。

球場の混み具合によるので、一概に何時間前が理想というのはいえません。

ただ、試合開始の1時間半〜2時間前には球場に到着することをおすすめします。

プロ野球観戦は初心者でも十分楽しめる

野球観戦の初心者の方は本当に楽しめるのか不安になると思います。

野球未経験者やルールが分からない方でも十分楽しむことができます。

というのも、野球観戦は野球の試合自体を楽しむだけでなく、それ以外にも楽しむポイントがたくさんあります。


野球観戦が初心者の方は気合を入れすぎず、まずは軽い気持ちで球場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

少年野球上達DVDランキング

野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。