野球観戦初心者が確実に楽しむためのコツ【野球場での注意点についても解説】

スポンサーリンク

野球観戦の初心者は、誰かと一緒に行くと不安が消える!

 野球観戦の初心者ですと、いざ観戦をしようとしても、何かと不安を感じてしまうでしょう。しかし、誰かと一緒に野球場に行けば、そんな不安は解消されますよ。

せっかく、「野球観戦に行きたい」と思えているわけですから、不安を理由に諦めるのはもったいないでしょう。

初心者だと野球観戦は不安になりがち…

 何事においても、初めてのことをしようとすると、不安になってしまいがちです。もちろん、野球観戦においても、それが初めてだと、不安になってしまいやすいでしょう。

 実際に私も、初めて野球観戦をしたときには、「全てが未知の世界」という感じで、右も左もわからなかったですよ。

初心者にとって野球観戦は未知の世界

 野球場までたどり着いたとしても、そこからどうすればいいのか迷いそうですよね。確かに、チケットには座席番号などが書かれていますが、「その席まで行けるのか?」と不安になる人は多いはずです。

実際に私だって、初めて1人で野球観戦をするときは、「数万席の中から、自分の座席にたどり着ける自信がない」なんて感じていたものです。それこそ、野球場に近づくにつれて、緊張でお腹が痛くなってしまったものです。

野球に詳しくないと試合を楽しめないのか?

 無事に座席にたどり着いたら、試合を見ることになりますね。しかし、「本当に試合を見て楽しいのか?」と、懸念を感じる人は多いでしょう。もちろん、野球のルールがわかっていれば、試合を楽しむことはできるはずです。

 しかし、あまりルールがわからない中で、1人で野球観戦をしようとしたら、やはり、「楽しいのか?」と懸念を抱きがちです。

 「つまらなかったらお金の無駄」と考えると、野球場に行ってみたい気持ちはあっても、なかなか行動に移せませんよね。

スポンサーリンク

誰かと一緒に行けばより楽しむことができる

 野球観戦の初心者で、見に行ってはみたいものの、不安などを感じているとします。この場合、誰かを誘って、一緒に野球観戦に行ってみてはどうでしょうか。やはり、2人以上で行けば、不安も解消されますし、より楽しむことができますよ。

2人以上で行けば心強い

 「1人だからこそ心細い」という部分は、確実にあるはずです。やはり、1人で行こうとするからこそ、不安を感じやすいのです。

 では、野球観戦の初心者であるのなら、2人以上で行ってみてはどうでしょうか。おそらく、2人以上で行くことを考えたら、不安は解消されるはずです。

可能であれば野球経験者と行こう

 やはり、野球経験がある人というのは、観戦における視点も違います。例えば、「あのバッターはスイングスピードが速い」「あのピッチャーは球速は遅いけど、うまくタイミングを外している…」といった具合に、素人では判断できないようなことを、当たり前のように教えてくれます。

 このように、野球経験者と一緒に試合を見ると、独特な視点から楽しむことができるわけですね。

野球観戦の経験者と一緒に行くのもOK

 ただ、野球経験のある友人が、いない場合もあるでしょう。しかし、「野球観戦の経験者」なら、周りに少しはいるはずです。そんな、野球観戦の経験者を、誘ってみるのもいいですね。

 「ゼロとイチの差」は、かなり大きいものです。やはり、「1度でも野球場に行ったことがある人」というのは、スタジアム内でもスムーズに行動できるものですよ。

 つまり、野球経験者と一緒に行けば、迷うことなく座席までたどり着くことができ、一緒に試合で盛り上がることもできるのです。

初心者どうしでも大丈夫

 初心者の人と、一緒に野球場に行くのもアリでしょう。確かに、初心者の人と一緒に野球場に行ったら、迷ってしまうかもしれません。

 しかし、先述したように、「1人だからこそ心細い」という部分はあるでしょう。おそらく、2人で野球場内で迷ってしまったとしても、不安を感じることはないはずです。

 初めて訪れる旅先だって、1人だと不安を感じやすいですが、2人だとリラックスできますよね。それと同じように、野球観戦においても、2人で行ったほうが、リラックスできるものなのです。 

スポンサーリンク

野球観戦初心者が1人で楽しむことは可能

 「どうしても1人で野球観戦しなければいけない」という場合でも、安心してもらって大丈夫ですよ。仮に、初めての野球観戦が1人になったとしても、楽しむことは充分可能なのです。ここからは、そんな「1人での野球観戦」について、提案をさせていただきます。

1人で行っても何とかなる

 まず、「1人で野球場に行っても何とかなる」ということを肝に銘じて、安心するようにしてください。

「野球場に行ったものの、入場の仕方がわからずに帰宅した」なんて話は、聞いたことがありませんよね。確かに、観戦当日は悩むことになるかもしれませんが、何とかなってしまうのが現状なのです。

だからこそ、仮に1人で野球観戦に行くとしても、「何とかなる」ということを理解してもらいたいのです。

初心者が野球観戦にいくときの注意点

・ゲート(入場門)の入り方

・座席の見つけ方

 上記2点が、初心者が1人で野球観戦に行った際に、迷いやすいことになります。ただ、しっかりと落ち着いて、チケットに書かれている「ゲート番号」「座席番号」に向かえば、きっとたどり着くことができますよ。

 野球場内や周辺には、座席案内の図や標示が、詳しすぎるほどありますからね。あくまでも私の感想なのですが、「地図を見て目的地に行くよりも、野球場の座席を見つけるほうが簡単」だと感じています。

 また、後述いたしますが、わからないことは係員に聞けば解決しますので、気軽に野球場に行ってみてください。

チケットをなくさないように注意しよう

 野球観戦の初心者は、「野球場内でチケットをなくしてしまう」という失敗をしがちです。また、「野球場内でチケットを捨ててしまう」という失敗も、初心者はしてしまいがちですね。

 野球場によっては、通路などで係員にチケットを見せなければいけない場合があります。そのようなときに、手元にチケットがなかったら、パニックになってしまいますからね。

また、仮に座席の場所を忘れてしまったときに、手元にチケットがなかったら、たどり着くまでに一苦労でしょう。

野球観戦の初心者は、「チケットは常に持っておくこと」を絶対に守るようにしてください。

わからないことは係員に聞けばOK

 正直なところ、私は野球場の係員に対して、横暴そうなイメージを持っていました。どこか、「野球場の係員=体育会系で横暴」という先入観が、私の心の中にあったのです。しかし、実際のところ、野球場の係員については、丁寧な人が多いですよ。

 「野球場で働くこと」に、憧れを持つ人は多いんですよね。そのため、野球場の係員というのは、それなりに高い倍率の中で、採用された可能性が高いのです。だからこそ、野球場の係員というのは、けっこう丁寧な人が多いわけですね。

 もし、わからないことがあったとしても、係員に聞くことで、丁寧に教えてもらうことができますよ。

プロ野球観戦は初心者でも十分楽しめる

 野球観戦の初心者ですと、1人で野球場に行くことに、不安を感じてしまいがちでしょう。だからこそ、誰かと一緒に行くようにして、不安を解消してもらいたいのです。また、誰か(特に野球経験者)と一緒に行けば、より楽しく野球を見ることができますよ。

 また、1人であっても、野球観戦を楽しむことができます。仮に、座席の場所などがわからないとしても、係員に聞けば問題ないので、気軽に野球場に行ってみましょう。

少年野球上達DVDランキング

野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。