バッティングでよく聞くドアスイングとは?オススメ改善法4種目!

バッティングのドアスイングで悩んでいる選手は多いと思います。


ドアスイングは矯正しようと思っていても、なかなか実現できないスイングの癖のようなものでもあるのです。

  • ドアスイングとはなにか
  • バッティングにおけるドアスイングのデメリット
  • ドアスイングの修正方法

これからわかりやすく解説していきたいと思います。

ドアスイングとは

ドアスイングは、スイング時のときに何らかの理由で体幹の軸から腕が離れてしまってスイングしている状態のことをいいます。

簡単にいうと肘を曲げずに両方の腕が伸びた状態になります。


そうすると脇が開いた状態でバットスイングすることになり、アウトサイドインの軌道となり、インコースのボールに対応するのが難しくなってしまいます。


野球をやっていると口うるさく「脇を閉めなさい」といわれますが、それだけ野球のバッティングにとっては基本の考え方になります。


バッティングは本来であれば腕が胴体についたままスイングをする必要があるのですが、腕が離れてしまっているので大振りな状態になってしまうのです。


他にも、ドアスイングはムダな動きが多いのでボールを捉えるまでの時間がかかります。


そのため始動を早くしなくてはならず、変化球の見極めが難しくなってしまい、レベルの高いピッチャーの投球に対応するのが難しくなってしまいます。

さらに、ドアスイングは慣性モーメントが大きなるため、ヘッドスピードが上がりにくく、強い打球や長打を打ちにくくなってしまいます。

ドアスイングの選手はバッティングフォームが固まる前に改善していく必要があります。

スポンサーリンク

バッティングでドアスイングになる原因

ドアスイングになってしまう原因は選手によって様々です。

その中でもよくある原因を紹介していきます。

手に意識が集中している

まず、1つめは手の動きを意識してスイングしているケースです。


基本的なバッティングでは身体の中心にある「骨盤」を動かし、手を加速させていきます(末端加速)。

最初から腕の力に頼ったスイングではドアスイングが起こりやすくなってしまいます。

正しい体重移動ができていない

次に、体重移動が正しく行えていないケースです。


体重移動をきちんと行えていると割れができると同時にバットのグリップが体幹の近くになり、スイングするフェーズでバットがインサイドから出やすくなります。


体重移動ができていないままスイングすると割れが生まれず、バットのグリップが体幹から離れた位置からスイングすることになり、ドアスイングにつながりやすくなってしまいます。


また、体重移動が不十分だと軸足回転(右打者なら右足に体重が残ったまま)のバッティングフォームになってしまいます。

軸足回転になると支点が後ろ足になってしまい、体重が後ろにかかったりバットのヘットが下がってしまうこともあります。

ヘッドが下がるとドアスイングにつながりやすいだけでなく、スイングスピードが遅くなりやすいので注意が必要です。

上半身と下半身のバランスが悪い

また、身体の開きが早いバッティングフォームは脇が開きやすくなり、高い確率でドアスイングにつながります。


身体の動きが早くなると上半身と下半身のバランスも崩れてしまい、バットにうまく力が入らなくなってしまいます。

スポンサーリンク

野球のドアスイングを改善する方法

ここまでドアスイングとはなんなのか?またその原因やデメリットについて説明してきました。

実際にドアスイングが野球のバッティングにとって早期に改善するべき点なのもわかっていただけたと思います。


一度バッティングフォームが固まってしまうと、矯正するのはとても時間がかかります。


これから正しいバッティングフォームを身につけるための改善法を紹介します。

トスバッティングで矯正する

トスバッティングは、ピッチャーに軽く投げてもらったボールをワンバンで打ち返すトレーニング方法になります。

バッティング練習の基本ともいえます。


トスバッティングで打ち返すためには、脇を閉めないとできませんし、バットのヘッドが遅れてくるスイング方法になり、インコースを投げてもらい練習をするのが効果的です。

ティーバッティングで矯正する

ボールを打ったときに、ドアスイングにならないように矯正します。

バッターから見たときに右斜前からトスされたボールを打つものの、ドアスイングを矯正するために逆方法の背中側でトスされたボールを打ちます。


少し右を意識しないとセンター方向にボールが飛ばなくなってしまいますよね。


そのため、身体の余計な開きを矯正する方法としても適しています。

また、バッティングのときに身体が前に突っ込んでしまう人は、バッターの真横からボールを打ちます。


この方法だと身体の軸をぶらさずに腰を回転させないと、打球が飛びません。


バッティングで脇が開きドアスイングになる場合は、グリップを通常とは逆に握った状態で行ってみてください。脇を閉めた状態でないとスイングすることができないので、強制的にドアスイングを修正することができます。

逆手握りのトスバッティングはとてもオススメです。

バットターゲット

バットを水平に持ち、ピッチャーの方向に向けます。

そのまま方向が変わらないように骨盤を回転させます。


身体の中心から動かして末端を加速させるためにも、下半身から回転させる意識が必要になります。


ポイントはバットの向きは変わらないように気を付けることです。

そうすると下半身を主導にしたバットスイングの身体感覚が染みついていきます。


何度も練習して自然にバットターゲットができるようにしていきましょう。

腕の動きが強く上半身が前に出てしまう人にとって、オススメの練習法です。

クラドルスイング

ステップした状態のまま何回か足踏みをする方法です。


体重の重心が前足、軸足と移動するので支点の移動が安定していきます。

下の動画がとてもわかりやすいので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

バッティングのドアスイングはフォームが固まる前の早い段階で改善していく必要があります。


脇が開いたままのスイングが定着してしまうと修正するのがとても大変になってしまいます。

今回、紹介した練習法をぜひ実践してみてください。