代表的な【バッティング理論】5種!その特徴を簡単紹介!


バッティングで結果を残すためには日々の練習は必要不可欠ですが、その方向性が間違っていては思うような結果には繋がりません。

バッティングには様々な理論や考え方があります。


個人的には万人にしっくりくるバッティング理論はなく、自分に合ったタイプを選ぶのがいいと考えています。


この記事では代表的なバッティング理論の特徴についてわかりやすく解説していきたいと思います。

バッティング理論とは

バッティングはとても繊細な動きで難しい部分がたくさんあります。


野球経験のある人なら一度は耳にしたことがあると思うのですが、


「最短距離でバットを振るべき」

「体重移動をしなさい」


と言われても具体的にどうするべきなのかイメージするのって意外と難しいものです。


バッティングについての考え方は人それぞれ違いはあると思いますが、正しい角度でバットを出して芯に当てれば内野にボールを飛ばすことは十分にできますね。

この確立ができるだけ高いに越したことはないのですが、それを実現させるのがとにかく難しいのです。


現代の子どもは反発力の強いバッドを使うのに慣れてしまい、本来バッティング練習のなかで覚えなくてはいけない、基本的な体の使い方を知らずに野球を続けている選手がとても多いです。


子どもの頃から正しいバッティング練習をしてこないと、学年が上がってピッチャーのレベルが高くなっていくとボールを打ち返せすのが難しくなってしまいます。


そもそもバッティング理論について考えるうえで、基本となるのは「下半身の軸足」を鍛えられているのかどうかでもあります。


バッターの利き手によっても異なりますが、右バッターの場合は、右足の親指を使って回転をかけながらスイングをかけていきます。


ステップをかけている脚をタイミングを図る目的なので、軸足の回転がいかにスムーズにできているのかによっても違います。より最短距離のなかでボールをバットに当てられるのかを野球では求められますが、あくまでも軸足があってこそです。

スポンサーリンク

バッティング練習の基礎についておさらい

バッティング理論を紹介する前に基本的なバッティング練習について紹介します。

まずはそれぞれの違いについて説明していきたいと思います。

フリーバッティング

ピッチャーやマシンを相手に打ち込むバッティング方法です。

より実践的なものになり、負けないように打ち返す練習をしていきます。

早い打球にも負けずに打ち返すこと、芯を捉えて打ち返すなど本番さながらの練習なので、野球で最も好まれる練習方法です。

ハーフバッティング

試合前など限られたときに行うバッティング方法になります。

少し力を加えてセンターへと打ち返していきます。

ティーバッティング

ボールを強く叩くための基本練習になります。ボールを投げてくれる相手がいれば、練習場所を選ばずに取り組むことができます。

トスバッティング

野球選手が必ずといっていいほどしたことがあるバッティング練習の方法です。

4人~6人のグループを作りピッチャー、バッター、守備役を用意します。

トスバッティングではピッチャー役近くから軽く投げたボールをワンバンさせ打ち返す練習をします。


フライをあげないように上からしっかりと叩き、バットの芯でボールを構えることの大切さやセンターへ打ち返す方法などを練習します。

スポンサーリンク

さまざまなバッティング理論について紹介

バッティング理論のあうあわないはその人によってさまざまです。

必ずしも1つの理論とおりにやってバッティング技術が向上するとは限りません。

野球選手を見てもそれぞれフォームは違いますし、バッティングフォームは個性が出ます。

自分に合う理論を探していくほうが懸命だといえるでしょう。

体幹を鍛えるバッティング理論

ソフトバンクの藤井コーチは、もともと打撃コーチを務めていた経験もあります。

ほぼ独学で体幹を使ったバッティング理論を開発しました。

押し付けのバッティング理論を選手に強要するのではなく、ヒントを与えその中から学ぶべきとしています。

また、反復練習の重要性を訴え、強力な打人を生み出すことに成功したといわれています。野球の基本を大事にしてきたからこそともいえますね。


また、藤井さんはフォースタンス理論を支持されています。

4スタンス理論とは人間の体の動かし方を4つのタイプに分類してそのタイプに応じた指導をしていくというものです。

4スタンス理論の提唱者である廣戸さんは様々な書籍を出版されていますが、バッティングに特化して詳しく説明してくれてるのは 下の書籍になります。
初めて4スタンス理論を学ぶと自分の体の使い方の意外なクセとかを発見することができるのでとてもおもしろく学ぶことができます。

軸足のタメが重要なバッティング理論

プロ野球通算403本のホームランを打った山崎武司さんは、バッティングにおいては軸足のタメが重要だといわれています。

  • 上体が前に突っ込んで体の開きが早くなってしまう
  • 下半身の体重移動を十分にできていない

これらの原因は軸足を正しく使えていないためだとしています。


軸足に体重を乗せるようにいうと、大抵の人は外側に乗せますが、それでは体重移動をスムーズに行うのが難しくなります。

重要なのは、太もも内側の力を使って軸足で地面を押してステップを行い、突っ込みすぎずにタメを作るということになります。

1流バッターのステップ足が地面に着地する瞬間を見てましょう。

軸足が残ったままではなく、しっかり地面を押して体重移動しているのがよくわかると思います。


昔から軸足でタメを作ろう。とよく言われると思いますが、軸足に体重が残ったままでは強い打球を打つことはできないのでそのあたりは注意が必要になります。

大振りにならないバッティング理論

MLBに移籍した秋山翔吾選手は日本屈指のヒットメーカーです。

そんな秋山さんのバッティング理論は「大振りにならないこと」です。

大振りになるのは長打への誘惑に負けてしまっており、負のスパイラルに入る手前であると話しています。

バッティングの常識をくつがえした理論

2003年に落合博満さんが出版した「落合博満の超野球学」の中でティーバッティングの危険性を語っています。


斜めからトスされて防球ネットに向けて打ち込むスタイルは、打球を引っ張り込むイメージになってしまい、ファウルを打つ練習をしているようなもので実践で目指すべき体の動きとは違ったものを覚えてしまうと提唱しました。


「ボールを点で追うのではなく、ピッチャー自身とそこからくるボール軌道を一枚の景色として見る」と語っています。


独特な言葉使いをされる方なので難解な部分もありますが、バッティング理論については下の書籍で説明されています。

どちらかというと科学的な根拠に基づいたバッティング理論というよりは落合さんの感覚や経験に基づく内容になっています。

実践で応用できる部分もたくさんあったので一読する価値はあると思います。ただフィーリングが合えばいいですが、根拠に基づくバッティング理論を知りたい方にはあまりオススメはできません。

バッティングのなかでも有名な理論

最近のバッティング理論で有名なのは宮川理論だと思います。


この理論では、クリケットのようにバットを下から上に振り上げるスイングを推奨しています。

縦回転を入れ手首を返さないようにすること、前側の肘を抜くのをイメージします。

肘を上方向に動かしつつインパクトまでの力を使って前方向に動かすことで、肘が伸びるような動作に繋がります。

鞭のようなバッティング動作になるので、大きなエネルギーを生み出すのに適したバッティング理論です。

まとめ

野球のバッティング理論ほどどれが正しいのか述べるのは難しいものはありません。


バッティング理論でこうしたほうがいいといわれても体格や技術、筋肉量などの違いやバッティングスタイルなどで合う合わないかは分かれます。


自分にあったバッティング方法のなかで結果を出せる方法を模索していくことが、バッティング理論に求められることなのかもしれません。

結果を残してきた野球選手のバッティング理論を参考にしつつ、自分にあった方法を探してみてくださいね!